SPECIAL

日本に現れた「重い」GK。世界基準を満たす浦和レッズ・鈴木彩艶の価値

2021.06.15

リカルド・ロドリゲス監督が率いる浦和レッズで“異変”が起こった。日本でもトップクラスの実績を持つ西川周作に代わって、18歳の鈴木彩艶が正GKに指名されたのだ。そのチャンスをものにし、ハイパフォーマンスを継続。そして、東京五輪に臨むU-24代表の候補メンバーにも選出された。多くの人が才能を認める次世代GKは浦和レッズ、そして日本サッカーに何をもたらすのか。清水英斗氏に解説してもらおう。

 6月の日本代表シリーズでは、川島永嗣、権田修一、シュミット・ダニエル、中村航輔、大迫敬介、沖悠哉谷晃生、鈴木彩艶と、A代表、U-24代表を合わせて8人のGKが選出された。近年の日本代表はCBの大型化が進んでいるが、その傾向はGKも同じだ。8人のうち、190センチ越えの身長を持つGKは、シュミット・ダニエル、谷、鈴木と3人をそろえ、特に若い世代の大型化が目立つ。

 一方、体重に目を移すと、シュミットは197センチ88キロ、谷は190センチ84キロと、やや線が細いのは気がかりだ。実は今回招集された8人のうち、体重が90キロを超えるGKは、18歳の鈴木1人だけ。190センチ91キロと、逞しい体を持っている。

 これはGKのプレースタイルと関わりが深い。

90キロ超えのGKによる「アタック」

……

残り:2,217文字/全文:2,761文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

TAG

鈴木彩艶

Profile

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』『日本サッカーを強くする観戦力 決定力は誤解されている』『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。