SPECIAL

気鋭の韓国人指導者が紹介。新ゴールキックルールへの適応事例

2021.01.23

footballista×JUEGO

欧州サッカーの最先端の知見を韓国、ひいてはアジアに広めるべく立ち上げられたプラットフォーム型シンクタンク『JUEGO』。今回は、彼らがフットボリスタの運営するオンラインサロン『フットボリスタ・ラボ』で開催したオンラインイベントの要約をお届け。UEFA-Aに匹敵するスペインのライセンスを持つ若き韓国人指導者チャン・ヨンフン氏と「新たなゴールキック像」を読み解こう。

 1992年に施行された通称「バックパスルール」により、一度ゴールキックルールは死んでいる。ゴールキックルールの従来の目的は、ゴールキックからGKが短く返されたボールを拾い上げる一連のプレーを防ぐこと。ゴールキック時に他の選手がペナルティエリア内に入るのを禁止し、一旦GKが手を使えないエリア外へとボールが出されるようになった。ところが、バックパスルールの誕生でGKはエリアの境目なくバックパスのキャッチを禁じられてしまう。以降、ゴールキックルールは存在意義を失ってしまっていた。

ルール改正の発端はグアルディオラ

 16年後、「死んだルール」に生まれ変わる契機が訪れる。青年監督ペップ・グアルディオラ率いるバルセロナの台頭だ。彼が先導するポジショナルプレーを実践するには、相手のプレスに対してGKから安定したビルドアップを行うことが不可欠。そこで彼らは、ゴールキック時にCBをエリアの両脇に配置する先進的な試みに挑戦する。開いたCBはスペースを得ながらボールを受けられるため、ゴールキックからビルドアップを優位にスタートさせることに成功した。

……

残り:2,969文字/全文:3,645文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

JUEGOチャン・ヨンフンペップ・グアルディオラマンチェスター・シティ戦術

Profile

足立 真俊

1996年生まれ。米ウィスコンシン大学でコミュニケーション学を専攻。卒業後は外資系OTAで働く傍ら、『フットボリスタ』を中心としたサッカーメディアで執筆・翻訳・編集経験を積む。2019年5月より同誌編集部の一員に。プロフィール写真は本人。Twitter:@fantaglandista