SPECIAL

「シャルケの一つの時代の顔」内田篤人がファンに愛された必然

2020.08.29

引退惜別コラム

2020年8月23日、内田篤人が現役を引退。国内外から数多くの惜別の声が寄せられた。中でも、ドイツ7シーズン所属したシャルケからのメッセージは大きな反響を集めた。

海外のクラブで、これほどまで愛された選手はそう多くないだろう。内田篤人がこれほどまでシャルカー(シャルケファン)に愛されたのはなぜだったのか。長らくクラブを取材し続けているダニエル・テーベライト氏に綴ってもらった。

 普通に数えると今年はまだ2020年だが、シャルケは3月に「今世紀のベストイレブン」を投票で決めた。サッカーファンが辛抱強かったことはないし、思い出に耽るのは、ペナルティキックやストライカーのようにサッカーにはつきものだ。というわけで、ブンデスリーガがコロナで中断していた時、シャルケのファンたちは各ポジション別に過去20年のお気に入り選手を選んだのだが、「21世紀最高の右SB」には投票率45.2%で内田篤人が選ばれた。今年のCL決勝に出場したパリ・サンジェルマンのドイツ代表ティロ・ケーラーに大きな差ををつけて。……

残り:1,786文字/全文:2,433文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

シャルケブンデスリーガ内田篤人

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。