SPECIAL

「相手のMFラインではなくDFラインを広げたい」。ゴールから逆算し導いたナーゲルスマン流の“狭いポジショナルプレー”

2022.06.26

5 レーンすべてを使うのではなく、プレーエリアを限定する[ 密集型]のポジショナルプレーにトライしているのがナーゲルスマンのバイエルンだ。ドイツメディアに「狭いポジショナルプレー」と命名されたそのアプローチの狙いとは? 新世代監督のサッカー観に迫る新著『ナーゲルスマン流52 の原則』が6月30日に発売となる木崎伸也さんに掘り下げてもらう。

※『フットボリスタ第90』より掲載

  かつてヨハン・クライフは、著書『サッカー論』(二見書房)でこう語った。

 「ウイングのポジショナルプレーには、基本ルールが2つある。チームがボールを持っている時はなるべく深い位置でプレーするだけでなく、できるだけサイドラインに近い位置でプレーすることが重要だ。こうすることでピッチを広く使うことができ、他の選手のためにスペースを作ることができる」

 ピッチをできるだけ広く使うことができ――。今や世界中のリーグで常識となっているセオリーだろう。

 しかし、バイエルンを率いるユリアン・ナーゲルスマンの考えは違う。アタッキングのフェーズにおいて、ウイングが中へ入る「最小限の幅」(Minimalen Breite)の原則を採用している。

 昨年10月、ナーゲルスマンは英『タイムズ』紙で秘密の一端を明かした。

 「世界中の多くの監督は、離れた距離でのポゼッションを好む。それに対して私は、短い距離でのプレーを好む。なぜならボールを速く動かすことができ、なおかつゲーゲンプレッシング(即時奪回のプレス)をかけやすいからだ。それは私にとって、最も重要な戦術のトピックなんだ」

 選手が中央に集まってプレーする。ドイツメディア『ntv』はこれを「狭いポジショナルプレー」と名付けた。

 ナーゲルスマンのサッカーはピッチを移動しながら構造が変わる「エリア依存の可変システム」となっている。そのため、攻撃の開始局面から最終局面までを順番に見ていこう。

「相手を惑わす効果がある」自陣ビルドアップでの“逆とっくり型”

 まず、自陣深くからビルドアップが始まる段階ではナーゲルスマンもピッチを広く使おうとする。通常のやり方と異なるのは「低い位置ではサイドライン側に誰も立たない」(=高い位置のみでサイドライン側に立つ)ということだ。

 攻撃時の並びを、前から1列目、2列目、3列目、4列目と表記しよう。ナーゲルスマンがデザインする構造は、2列目にのみワイドアタッカーがおり、3列目と4列目は全員が中央にいるという偏った配置である。

 ナーゲルスマンは『DAZN』の番組『デコーデット』で、「多くは語れないが」と前置きした上でこう語った。

 「ビルドアップにはいろいろなアプローチの仕方があり、ある監督はフラットな4バックを横に広げて、相手のMFラインを引き伸ばそうとする。私はそうではなく、相手のDFラインを広げたいんだ。そうすれば相手がDFラインを下げて低く構えていても、ラスト3分の1でスペースを作れる」……

残り:3,748文字/全文:4,978文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バイエルンポジショナルプレーユリアン・ナーゲルスマン

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。