SPECIAL

最も助けられているのはナーゲルスマンかもしれない――“そばにいること”がまさに仕事な癒しの心理学者

2022.05.01

社会全体で徐々に見直されてきているメンタルケアの重要性。サッカー界も例外ではなく、テクニカルスタッフへの登用やアドバイザー契約を結ぶ例が増えている。ブンデスリーガ10連覇へとバイエルンを導いたユリアン・ナーゲルスマンもその1人。RBライプツィヒ時代からスタッフに心理学者を迎え入れており、バイエルンにも連れてきている。若き名将にとって不可欠な存在、マキシミリアン・ペリカの仕事にスポットライトを当てる。

※『フットボリスタ第89号』より掲載

 心が健康でなければ力を発揮できない。ナーゲルスマンもそう考える一人だ。選手のメンタルをサポートするために、RBライプツィヒでともに働いたチーム心理学者、マキシミリアン・ペルカ(33歳)をバイエルンに呼び寄せた。

 ペルカはもともとドイツ5部リーグでプレーしていた元選手で、選手にかかる重圧に興味を持ち、フローニンゲン(オランダ)の大学で心理学を専攻。ボーフムのルール大学で博士号を取る傍ら、デュッセルドルフのアカデミーに所属して現場経験を積んだ。

 博士号取得後の2017年夏にRBライプツィヒのアカデミーへ移籍すると、ラルフ・ラングニックに高く評価されて1年でトップチームに昇格。2019年夏にナーゲルスマンがやって来ると、気鋭の若手監督の下でも欠かせない存在になった。

 RBライプツィヒ時代、練習場に毎日姿を現すものの、たまに選手と談笑するくらいで、メディアから「何をしているかわからない」と書かれた。バイエルンでも同じで、常にナーゲルスマンの背後にいることから「影の男」と名づけられた。……

残り:936文字/全文:1,606文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

TAG

バイエルンマキシミリアン・ペルカユリアン・ナーゲルスマン

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。