SPECIAL

不変の9年間と、2度目のリーガ制覇を成した10年目の変化。シメオネのアトレティコの代名詞、守備戦術の10年史

2021.08.12

2013-14 以来7シーズンぶりとなるリーグ制覇を遂げ、3強の一角であることをあらためて世に知らしめたアトレティコ・マドリー。原動力となったのは彼らの金看板となっている堅守だったが、その中身は従来とは違うものだった。指揮官ディエゴ・シメオネが確立した守備戦術、その仕組みと変遷をたどる。

フットボリスタ第85号』より掲載

 2020-21のリーグ優勝を加えて就任10年目でタイトル8つ(リーガ2、EL2、UEFAスーパーカップ2、コパ・デルレイ1、スペインスーパーカップ1)は監督としてクラブ史上最多であり、加えてCL決勝進出2回でリーグ4位以下には一度も落ちたことがない。スペインの3番手でありながら、決してレアル・マドリー、バルセロナと競い合うレベルになかったアトレティコ・マドリーが今や3強の一角を占めるのは、シメオネのおかげである。「1試合、1試合戦う」とか「庶民の反乱」だとか、クラブのアイデンティティを巧みな話術で作り上げたのも彼。今やチームではどんな選手よりも重要で、クラブでは会長よりも偉い(それゆえに、ポストシメオネはクラブを根底から揺るがしかねない大問題なのだが、2020-21の立派な成績で寿命はまたまた延びた)。……

残り:9,844文字/全文:10,360文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アトレティコ・マドリーディエゴ・シメオネ戦術

Profile

木村 浩嗣

編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。