NEWS

チームの“アイドル”に乱暴…ケルンFWが謝罪

2015.03.09

 8日のブンデスリーガ第24節フランクフルト戦に勝利し6試合ぶりの白星を手にしたケルン。その喜びが爆発してしまったのか、チームの4点目となるゴールを決めたFWアンソニー・ウジャーは、行き過ぎたゴールパフォーマンスをチームの”アイドル”に謝罪した。各国メディアが伝えている。

 ウジャーは82分に勝利を決定づけるゴールを奪うと、タッチラインのすぐ外側で試合を観戦していた“仲間”に駆け寄った。仲間の名前はヘンネス、ケルンのマスコットキャラクターだ。マスコットとはいえ、ヘンネス君は正真正銘の生きているヤギ。ナイジェリア人FWはヘンネス君と喜びを分かち合おうとしたが、その方法がまずかった。ウジャーは、ヘンネス君の立派な角を背後から両手でつかみ、力一杯引っ張ってしまったのだ。すぐに手放したため、ヘンネス君を傷つけることはなかったが、少々乱暴なパフォーマンスだったかもしれない。

 試合の翌日、自身の行為を反省したウジャーはインスタグラムに、問題のシーンの写真と「僕の手荒い祝福を謝るよ、ヘンネス」とのお詫びコメントを合わせて投稿。その後ツイッターでもチームの久々のホーム戦勝利を喜ぶとともに、あらためてヘンネス君に謝っている。今後はチームのアイドルも喜ぶようなゴールセレブレイションを期待しよう。


Photo: Bongarts/Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ケルンブンデスリーガヘンネス

Profile

フットボリスタ 編集部