SPECIAL

役割分担が明確ゆえに、ハマる選手とハマらない選手も明確なインテルのコンテ・システム

2020.10.21

チームとして戦えていなかったインテルに厳格なタスクを植えつけ、個性派を結束させたアントニオ・コンテ新監督。一方で、その特性ゆえに選手のキャラクターに依存する属人的な部分を持ち合わせている。昨シーズンの課題だったポジションが、今シーズンの成否を占うポイントとなる。

 インテルでコンテが採用した戦術はユベントス時代に確立し、イタリア代表とチェルシーでも引き継がれていたお馴染みのシステムだ。……

残り:1,032文字/全文:1,231文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アントニオ・コンテインテル戦術

Profile

神尾 光臣

1973年福岡県生まれ。2003年からイタリアはジェノバでカルチョの取材を始めたが、2011年、長友のインテル電撃移籍をきっかけに突如“上京”を決意。現在はミラノ近郊のサロンノに在住し、シチリアの海と太陽を時々懐かしみつつ、取材・執筆に勤しむ。