SPECIAL

「#CLリアルタイム分析」レポート。決勝から浮かび上がる未来のサッカー像

2020.09.04

 今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)は準々決勝以降、一発勝負の変則開催。加えて1日1試合という日程が続いたことでうれしい反面、夜更かしの連続で体が悲鳴を上げていたサッカーファンも多かったのではないだろうか。

 そんな日々の大トリを飾ったCL決勝は、怒涛の強さを見せてきたパリ・サンジェルマンとバイエルンの両雄による最終決戦。キックオフは日本時間の月曜早朝ということで、見る側が過密日程のファイナルだった。

 今回は、そんな大一番における分析レポートをお届けする。ロシアW杯のドイツ対メキシコで盛り上がったTwitter上のリアルタイム分析をCLで再現してみたらどうなるだろうか?という実験企画だ。

 CLラウンド16第2レグ、マンチェスター・シティ対レアル・マドリーでは「フォデンの0トップ」というわかりやすいサプライズからリアルタイム分析が盛り上がったが、この決勝でTwitterに生息するサッカーファンたちは両チームの打ち手をどのように読み取ったのか。さっそく見ていこう。……

残り:11,649文字/全文:12,267文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バイエルンパリSG分析戦術

Profile

せこ

野球部だった高校時代の2008年、ドイツW杯をきっかけにサッカーにハマる。たまたま目についたアンリがきっかけでそのままアーセナルファンに。その後、川崎フロンターレサポーターの友人の誘いがきっかけで、2012年前後からJリーグも見るように。2018年より趣味でアーセナル、川崎フロンターレを中心にJリーグと欧州サッカーのマッチレビューを書く。サッカーと同じくらい乃木坂46を愛している。