SPECIAL

これまでとは真逆。ブンデスリーガで「監督メリーゴーラウンド」がシーズン終了後に起こった背景とは?

2022.08.06

※『フットボリスタ第91号』より掲載

 友人や同僚同士でブンデスリーガの賭けをする時、結果に加えていくつかの項目に賭けることがある。例えば、得点王は誰かや降格するのはどのチームかなど。その中でも特にトリッキーなのが、“今シーズン一番早く解任になるのはどの監督か”というものである。

 しかし2021-22は、10月にボルフスブルクのマルク・ファン・ボメルが解任されて以降、4月末にビーレフェルトのクラマーが解任となるまでの間に監督交代したのはわずか2クラブ。「監督地震」(『ビルト』紙)が起きたのは、驚くべきことに最終節が終わってからであった。……

残り:1,826文字/全文:2,102文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ブンデスリーガ

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。