SPECIAL

スイスはいかにしてW杯王者フランスを破ったのか? ――「片寄せ3バック」の妙

2021.07.06

EURO2020ラウンド16。W杯王者であり優勝候補筆頭の呼び声高いフランスが、伏兵スイスに敗れる波乱があった。しかもスイスが得意とする「守りを固めてのカウンター1発」ではなく、3-3の派手な撃ち合いからのPK戦勝利だった。大会屈指のジャイアントキリングの裏には、どんな戦術的駆け引きがあったのか――結城康平氏が分析する。

 多くの識者が「優勝候補筆頭」として注目していたフランスにとっては、決勝トーナメント初戦は「通過点」でしかなかったはずだ。

 レアル・マドリーのカリム・ベンゼマが復帰し、各ポジションに潤沢な選手層を誇る。チェルシーの中盤で驚異的な守備力を発揮するエンゴロ・カンテを擁するフランスは、攻守両面において「最高のチーム」だと考えられていた。チーム内での不和なども報道されているが、それでも不屈の闘志で勝利をつかんだスイスへの称賛は鳴りやむことがないだろう。

 スイスはグラニト・ジャカを中心に諦めないチームとして「一心同体」となっており、同時に戦術面でも様々な工夫を凝らしていた。今回はフランスにとって、EURO2020という大会を悪夢に変えたスイスのアプローチを考察してみたい。

運命のPK戦を前に、円陣の中心でチームを鼓舞するジャカ

ニアを意識した「片寄せ3バック」

……

残り:3,215文字/全文:3,760文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

EURO2020スイス代表フランス代表戦術

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。