SPECIAL

ラングニックが語るモダンサッカー「良い監督とは…『エンパシー』というテーマにたどり着くね」

2021.04.19

3月中旬、bundesliga.comの取材に応えたRBライプツィヒ前監督のラルフ・ラングニック。昨年レッドブル・グループを離れた62歳の“プロフェッサー”が、近年における戦術、選手、マネージメントの進化や“ラングニック派”の教え子たちについて語ったロングインタビューを、DFL(ドイツサッカーリーグ機構)の協力を得て前後編でお届けする。

――あなたから見て、最近のサッカーはどのような戦術的変化を遂げていますか?

 「ゲームのペースは確実に上がっている。特にトップレベルでは、多くのクラブでプレッシングとカウンタープレスがスタンダードになっている。ベストクラブの共通点は、高い位置から攻撃をすることだ。

 マンチェスター・シティにしても、完全な状態に近いリバプールにしても、ライプツィヒやバイエルンもそう。非常に早い段階でアタックして、可能な限り早くカウンタープレスをかけて相手を苦しめる。これは近年になって開発されたもので、それに加えて相手に合わせた、またはゲームに合わせた戦術的なベース設定と、そのゲーム内での移行がある。プレースタイルの切り替えも重要だ。同じゲームの中でいろいろな方法でプレーできることが大切になっている。

 それぞれのクラブで違いはある。先ほどリバプールの名前を挙げたが、[4-3-3]で大体いつも同じやり方をして、自分たちのスタイルを相手に強要する。他のクラブはもっとフレキシブルだけれど」

――モダンなデータ分析というのは、モダンな監督や戦術にとってどのくらい重要なのでしょう?……

残り:4,214文字/全文:4,869文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

RBライプツィヒインタビューラルフ・ラングニック

Profile

DFL