SPECIAL

戦力外からアーセナルの旗手へ。アルテタの下、評価急上昇中! エルネニー覚醒の理由に迫る

2020.11.22

 11月1日、アーセナルがマンチェスター・ユナイテッドを0-1で下した直後、モハメド・エルネニーに称賛の声が集まった。アーセン・ベンゲル時代に獲得した戦力でありながら長く活躍できずにくすぶり続け、昨年レンタルにまで出されたエジプト人MFが、ようやくアーセナルの一員として輝かしい姿を見せたのだ。

ビッグマッチで影を潜めた積極性

 エルネニーがどのような選手か、と聞かれると答えるのは非常に難しい。

 特に苦手なプレーはない。かといってこれという武器もない。彼の存在感やプレー精度は対戦相手が決めるというのが、昨シーズンまでのエルネニーに対する筆者の印象である。

 相手がボールホルダーにプレッシャーをかけてこないチームであれば、非常に有能な働きを見せる選手である。ピッチのあらゆるところに顔を出して、少ないタッチのパス交換を繰り返し、パスワークを円滑にしてくれる。

 ところが、ビッグマッチに起用されるとその評価は一変する。……

残り:3,088文字/全文:3,501文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アーセナルモハメド・エルネニー戦術

Profile

せこ

野球部だった高校時代の2008年、ドイツW杯をきっかけにサッカーにハマる。たまたま目についたアンリがきっかけでそのままアーセナルファンに。その後、川崎フロンターレサポーターの友人の誘いがきっかけで、2012年前後からJリーグも見るように。2018年より趣味でアーセナル、川崎フロンターレを中心にJリーグと欧州サッカーのマッチレビューを書く。サッカーと同じくらい乃木坂46を愛している。