SPECIAL

「ジョーカー」「ホールディングシックス」「偽4バック」…語録も健在。ナーゲルスマンの進化は止まらない

2020.09.20

2019-20シーズン、 就任初年度にしてRBライプツィヒを史上初の“ヘルプストマイスター”(リーグ前半戦首位)とCLベスト4進出へ導いたユリアン・ナーゲルスマン。迎える新シーズン、いったいどんな構想を描いているのか。20-21シーズンも、若き戦術家から目が離せない。

元同僚を驚かせた今季初戦

 “最年少 CLベスト4監督”の称号にふさわしい、トリックで翻弄するシーズン初戦だった。

 9月12日のDFBポカール1回戦、RBライプツィヒは2部のニュルンベルクと対戦した。

 ニュルンベルクの新監督は、6月末までRBライプツィヒのコーチを務めていたロベルト・クラウス。つまりユリアン・ナーゲルスマンの戦術を熟知する相手である。

 だがナーゲルスマンは、それを逆手に取った。昨季は1度もやらなかったシステムで臨んだのだ。

 そのシステムとは、守備時に[4-1-2-3]([4-3-3])、攻撃時にアンカー(アメリカ代表のタイラー・アダムス)がDFラインに落ちて [3-4-2-1] になる可変型。奇策で相手を混乱させ、開始3分で早くも先制点して3-0で完勝した。

 実は試合前、右SBのクロシュターマンが「うちの監督はクラウスを驚かせる策を絶対に用意してるはず」とインタビューで答えていた。まさにその通りになった。……

残り:3,544文字/全文:4,083文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

RBライプツィヒユリアン・ナーゲルスマン

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。