SPECIAL

ペップ・バルサの「メッシ役」が4人。ナーゲルスマン流「狭いポジショナルプレー」は狭いエリアでの位置的優位で攻める

2022.09.17

チーム分析から紐解くポジショナルプレー#5

現代サッカーの主流な戦術的アプローチの1つとなっているポジショナルプレー。ただ、採用しているチームであっても実際にピッチ上で実践しているサッカーには差異があり、その実像を理解するのはそう簡単ではない。そんなポジショナルプレーの実像を、具体的なチームの分析を通してらいかーると氏が紐解いていく。第4回はバイエルン。若き名将ユリアン・ナーゲルスマンによる「狭いポジショナルプレー」は、果たしてポジショナルプレーと言えるのか。その特徴を掘り下げる。

「狭いポジショナルプレー」とそれを実現する原則の数々を紹介! 『ナーゲルスマン流52の原則』重版決定!

ご購入はこちら

 細々と続いているポジショナルプレーの連載です。ピッチで起きている具体的な現象からポジショナルプレーを再定義することがこの連載の目的となっています。今回のテーマはバイエルンです。信じられないスタッツを試合ごとに表現しながらも、最近のリーグ戦では引き分けが続き、結局のところ今季のバイエルンはどうなの??とよくわからない状況となっています。

 ポジショナルプレーと言えば、ボール保持による試合支配を原則とするチームが多いですが、今季のバイエルンは最小の横幅で中央突破と最速のトランジションを掲げています。果たしてそのようなプレースタイルとポジショナルプレーにはどのような因果が存在するのか、探っていきたいと思います。

中央連打からのトランジション攻撃

 サッカーはピッチの至るところで時間とスペースの奪い合いが行われるスポーツです。例えばリバプールは速さによるプレッシングで相手のボールを保持する時間を削ったり、マンチェスター・シティはポジショナルプレーを基盤とする位置的優位性によって、相手のプレッシングを回避したりといたちごっこは延々と続いています。スペイン代表はボールの循環によって相手を動かすことで時間とスペースを手に入れます。時間とスペースを得る手段は多々ありますが、今季のバイエルンは最小の時間とスペースでプレーすることを試みてきました。

 衝撃的だった開幕戦のバイエルンの配置は[4-2-2-2]と表現すべきでしょう。かつてのRBライプツィヒやザルツブルクがストーミングを代名詞として一世を風靡した[4-2-2-2]と基本的な考えは変わりません。前線の4枚が中央の3レーンを共有し、セントラルハーフ(CH)コンビがトランジションに備えることで何度も何度も相手のゴールに迫ることを特徴としています。サッカーがロースコアのスポーツであるならば、繰り返し相手のゴールに殺到する、相手ゴール前でのプレー機会を増やす思想は論理的なものと評しても問題はないでしょう。

開幕節フランクフルト戦の4点目のシーン
第2節ボルフスブルク戦の1点目のシーン

 前線の4枚の配置に明確なトリガーは存在していません。配置の基準に相手の配置はあまり関係ないように見えます。相手よりも自分たちに矢印を向けているような印象が今季のバイエルンからは総じて感じるところです。例えば、相手が3バックならばこの配置で、といった決まりは存在しているようには見えませんでした。パターンとしては、2ウイング(WG)+2オフェンシブハーフ(OH)、CF+2WG+OH、2FW+2OHなどを行ったり来たりします。大切なことは、各々の役割をそれぞれの選手が理解しながらプレーすることでしょうか。ここでの役割には出し手からボールを受けるための立ち位置と、味方をフリーにするための立ち位置を取ることの2つが存在します。

 ポジショナルプレーの優位性である数的優位というよりは、密集の中であっても存在する位置的優位と狭いスペースでもプレー可能な質的優位、役割の交換を可能とする個々の柔軟性と調整力を軸にしている印象を受けました。もちろん、狭いエリアでのプレーは難易度が高く攻撃機会が増えれば、それだけボールを失う回数も増えます。しかし、ヨシュア・キミッヒを中心とするCHコンビがトランジションを制し、カウンタープレッシングからのカウンター移行によってゴールに迫る場面も今季のバイエルンを象徴とする場面です。

フランクフルト戦の3点目のシーン

4-2-2-2]から大外レーンを意識する[2-3-5]へ

……

残り:3,804文字/全文:5,584文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バイエルンポジショナルプレーユリアン・ナーゲルスマン

Profile

らいかーると

昭和生まれ平成育ち。サッカー指導者にもかかわらず、様々な媒体で記事を寄稿するようになってしまった。ただ、書くことは非常に勉強になるので、他の指導者も参加してくれないかなと心のどこかで願っている。好きなバンドは、マンチェスター出身のNew Order。 著書に『アナリシス・アイ サッカーの面白い戦術分析の方法、教えます』