SPECIAL

「世界唯一」の型破りなCB、ジュール・クンデとは何者なのか?

2021.09.02

この夏、チェルシーへの移籍が噂されたセビージャのフランス代表CBジュール・クンデ。結局移籍は実現しなかったが、178cmの22歳がセビージャで見せているプレーは必見だ。「世界唯一」の型破りなCBの特殊なプレースタイルを、セビージャで彼の成長を追ってきた木村浩嗣氏に解説してもらおう。

 クンデがいかに型破りなCBなのかを知るために、まず今年2月のコパ・デルレイ準決勝バルセロナ戦のゴールを見てほしい。「Kounde Golazo」で検索するとすぐに動画が出て来るはずだ。

昨季のコパ・デルレイ準決勝、セビージャ対バルセロナのハイライト動画。クンデの得点シーンは1:00から

バルセロナ戦のゴラッソに象徴される「特殊性」

 CBが攻め上がってゴールするとなると、セルヒオ・ラモスやピケのお得意のプレーを思い出す。気づかれないようにするすると上がって、ゴール前でリターンをもらって頭か足でシュートする。シュートとまでの間にボールを触るのは最初のボール出しか、最後のサイドへの展開くらい。当然だ。気づかれずに上がってノーマークになることが重要なのだから。

 だが、クンデのこのゴールは違う。自分で持ち上がり、タックルをひらりとかわし、仲間とのパス交換とスクリーンプレーでマークを外すと、最後にもう一度タックルをかわしてファーサイドのネットを揺らした。このゴールがクンデのすべてではないが、「こういうことをできるCBがクンデなんです」とは言えるだろう。そういう意味で名刺代わりにはなる動画だ。

 クンデが型破りなのは、あまり他のCBでは見ないプレーを見せてくれるからだ。

 世界最高峰を争う「スーパーなCB」と呼ばれているのは今だと、デ・リフト(ユベントス)、ファン・ダイク(リバプール)、ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)、マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)あたりなのだろうが、彼らがこういうゴラッソを見せるシーンは想像できない。

 そもそもスーパーなCBとは「強靭な体格でスピードがあり足技がある」という3拍子がハイレベルでそろっているCBであって、「別にゴラッソは必要ない」とか「それはCBの本分ではない」という議論はあるだろう。高くて強くて速くて上手ければ、それで十分だ、と。

バルセロナ戦のゴール直後、雄叫びを上げてピッチを駆けるクンデ

まるで右SBのようなヒートマップ

……

残り:3,529文字/全文:4,519文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ジュール・クンデセビージャ戦術

Profile

木村 浩嗣

編集者を経て94年にスペインへ。98年、99年と同国サッカー連盟の監督ライセンスを取得し少年チームを指導。06年の創刊時から務めた『footballista』編集長を15年7月に辞し、フリーに。17年にユース指導を休止する一方、映画関連の執筆に進出。グアルディオラ、イエロ、リージョ、パコ・へメス、ブトラゲーニョ、メンディリバル、セティエン、アベラルド、マルセリーノ、モンチ、エウセビオら一家言ある人へインタビュー経験多数。