SPECIAL

なぜブンデスリーガでシーズン終了前に監督の“移籍発表”が相次いだのか?

2021.08.07

今週末、リーグ戦に先駆けて国内カップ戦のDFBポカールで新シーズンの開幕を迎えるドイツ。そのドイツでは昨シーズン後半、2021-22シーズンに向けた監督の退任と新監督を、シーズン終了を待たずして発表するクラブが相次いだ。しかもその多くが同じドイツ国内のライバルクラブへの“移籍”だったこともあり、物議を醸すことにもなった。なぜ、このような形でクラブを去る監督が増えているのか。そして、ドイツ国内ではどう報じられたのかを概説する。

※『フットボリスタ第85号』掲載記事に一部加筆。

 2020-21ブンデスリーガ1部の順位表を見ると、驚くべきことが浮かび上がる。 優勝したバイエルンをはじめ2位RBライプツィヒ、3位ドルトムント、5位フランクフルト、6位レバークーゼンとほぼすべての上位チームが、シーズン終了前に現監督の退任と新監督を発表したのだ。4位ボルフスブルクのオリバー・グラスナー監督にしても閉幕直後の5月26日にフランクフルトの監督に就任することが発表され、8位のボルシアMGも監督交代に踏み切った。彼らの多くがそうであったように、一定の金額で移籍できる契約条項を使って契約満了を待たずに“移籍”する監督が増えている。……

残り:2,311文字/全文:2,828文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アディ・ヒュッターブンデスリーガマルコ・ローゼユリアン・ナーゲルスマン監督

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。