SPECIAL

いまだ固まらないシステム…ドイツ代表を導くレーブ監督の答えはいかに

2021.06.08

【EURO2020カウントダウン企画】強豪国の戦力分析#4ドイツ代表

6月11日に開幕するEURO2020。そのカウントダウン企画として、各国に精通するジャーナリストが強豪国の戦力分析&最新情報をお届けする。第4回は、前回W杯での惨敗以降、迷走が続くドイツ代表。本大会を目前にしてシステムすら固まっていないようだが……今大会が最終章となるレーブ政権は「ディー・マンシャフト」を栄光へと導くことができるだろうか。

 ヨアヒム・レーブが率いた15年間において、これほどシステム論でもめたことはなかっただろう。

  3バックか、それとも4バックか?

  EURO本番直前、ドイツ代表はいまだに「形」を決められずにいる。

 6月2日のデンマーク戦とのテストマッチが1-1に終わると、『ビルト』紙はこう報じた。

 「チームの大部分の選手たちがヨッギ(レーブ)の戦術に疑問を抱いている。特にバイエルンの選手たちが4バックを望んでいる。4バックにより慣れているからだ」

 デンマーク戦において、レーブ監督が採用したのは3バックだった。システムは[3-4-3]。DFラインはマティアス・ギンター、ニクラス・ジューレ、マッツ・フンメルス。2列目はルーカス・クロシュターマン、ヨシュア・キミッヒ、フロリアン・ノイハウス、ロビン・ゴセンス。そして1列目はレロイ・サネ、セルジュ・ニャブリ、トーマス・ミュラーという並びだ。

 ドイツは試合を支配し、48分にゴセンスが上げたクロスのこぼれ球をノイハウスが押し込んで先制した。しかし、71分にカウンターからユスフ・ポウルセンに決められて追いつかれてしまう。

 2019年3月から構想外になっていたミュラーとフンメルスが復帰し、“強いドイツ”が戻ってくるかと思われたが、EUROに向けて不安が残る結果になってしまった。フランス、ポルトガル、ハンガリーと同組の“死の組”をとても突破できるとは思えない内容である。

2年ぶりにカムバックを果たしたミュラーとフンメルス

「3バックの呪い」

……

残り:2,655文字/全文:3,501文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

EURO2020ドイツ代表

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。