SPECIAL

1つのチームが右と左で別の戦術を!?ドイツの戦術サイト発の指導者が考案した「ポゼッション・カウンター非対称システム」

2021.05.24

近年の急激な戦術の進化を語る上で欠かせないのが、現場以外でその分析力を磨き、サッカー界へと活躍の場を移すことになった分析家たちの存在だ。今回はそんな一人、 マルティン・ラッフェルトの足跡と、彼が考案し実際にプロの下部組織で実践に移した「ポゼッション・カウンター非対称システム」を紹介しよう。

 2011年にドイツで生まれた戦術分析サイト『Spielverlagerung』(シュピールフェアラーゲルンク)は、これまでたくさんの人材をサッカー界に送り込んできた。

  最も有名なのは、ボルシアMGでコーチを務めるレネ・マリッチだろう。『Spielverlagerung』の戦術ブロガーに過ぎなかったが、ドイツ人監督のマルコ・ローゼに見出され、2016年にレッドブル・ザルツブルクU-18のコーチに。ローゼとともに階段を上がり、来季は一緒にドルトムントへ行く。

 他にも同サイトで執筆していたフィリップ・ペルカが2018年にホルシュタイン・キール(ドイツ2部)の分析官になり、エドゥアルド・シュミットが2019年にザンクトガレン(スイス1部)の分析官になった。ドイツ語圏では、戦術ブロガーが監督の“参謀”になるムーブメントが生まれている。……

残り:3,083文字/全文:3,593文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

戦術

Profile

木崎 伸也

1975年1月3日、東京都出身。 02年W杯後、オランダ・ドイツで活動し、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材した。現在は帰国し、Numberのほか、雑誌・新聞等に数多く寄稿している。