SPECIAL

ドイツ2部に欧州の指導者たちが注目!? 「戦術狂の実験場」 ホルシュタイン・キール

2021.04.14

ドイツ2部に近年ポジショナルプレーの信奉者たちの大きな注目を集め、若手監督の登竜門となっている特殊なクラブがある。ティム・ウォルターというドイツ屈指の戦術狂が始めた壮大な実験を紹介したい。

※『フットボリスタ第83号』より掲載

 ドイツのキールを本拠地とするホルシュタイン・キールは、1900年に設立されたクラブだ。第二次世界大戦以降はドイツ下部リーグに在籍しており、2016-17シーズンに2部昇格。クラブの悲願であるブンデスリーガ昇格を目標に掲げている彼らは、ここ数年「先進的な若手指導者の抜擢」で知られている。

 バイエルンのリザーブチームから招へいされたティム・ウォルターは、1シーズンで名門シュツットガルトへとステップアップした。成績不振により2019年12月に解任されてしまったが、彼の戦術アプローチは欧州の指導者コミュニティで現在も注目を集めている。アイルランド人の若手指導者であり、いくつかの戦術分析メディアにレポートを寄稿しているパトリック・ミルズは、ウォルターを「欧州のフットボール界で、最も革命的な監督の1人」とまで評した。そのウォルターだけでなく、現在の指揮官は32歳のオレ・ベルナー。2013年から自クラブのユースやリザーブチームで指導者を務めていた彼を大胆に抜擢し、人々を驚かせた。

現指揮官のベルナー

 今回は、そんなホルシュタイン・キールがどのようにドイツ2部にイノベーションを巻き起こしてきたのかを紹介していこう。

度肝を抜いた「掟破り」のビルドアップ

……

残り:1,928文字/全文:2,572文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ホルシュタイン・キール戦術

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。