SPECIAL

監督交代後復調。トゥヘル・チェルシーの強みと弱みを解き明かす

2021.04.07

クラブのレジェンドであるフランク・ランパードの解任に踏み切り、新たに就任したトーマス・トゥヘルの下で復活を遂げたチェルシー。前監督時代といったい何が変わったのか。その変化と、現チームの強みと弱みを読み解く。

 公式戦14試合において10勝4分無敗、17得点2失点。これは1月末にトーマス・トゥヘルが監督に就任してから3月末の代表ウィークを迎えるまでの2カ月間におけるチェルシーの成績だ。アトレティコ・マドリー、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムといった強豪相手にも着実に勝ち点を積み重ね、トゥヘルは3月の最優秀監督賞を受賞。就任して間もないながらも早々にベースとなる戦術を浸透させ、堅実な戦いを繰り広げている。

 現チェルシーは前任のフランク・ランパード期と比べて明らかな変化を見せ、強みと弱みも明らかなものとなっている。トゥヘル就任から2カ月にして、すでにチームの色がはっきり見えているのだ。ここからは今後進化を遂げる可能性を十分に秘めるチェルシーの現状を詳らかにしていく。

システム変更で手にしたもの

……

残り:3,060文字/全文:3,524文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

チェルシー戦術

Profile

とんとん

1993年生まれ、長野県在住。愛するクラブはボルシアMG。当時の監督ルシアン・ファブレのサッカーに魅了され戦術の奥深さの虜に。以降は海外の戦術文献を読み漁り知見を広げ、Twitter( @sabaku1132 )でアウトプット。最近開設した戦術分析ブログ~鳥の眼~では、ブンデスリーガや戦術的に強い特徴を持つチームを中心にマッチレビューや組織分析を行う、戦術分析ブロガー。