SPECIAL

ブンデスリーガからやって来た3人の使者がモナコを立て直す

2021.03.19

リーグ戦でパリ・サンジェルマンに連勝するなど、2季前の不振から脱却しつつあるモナコ。復調の立役者はいずれもブンデスリーガからやって来たニコ・コバチ監督、ポール・ミッチェルSD、そしてケビン・フォランドの3人。CL出場権獲得も視野に入りつつある。

 2季前には降格寸前まで崩れていたモナコが、復調の気配を見せている。今季はリーグ戦でパリ・サンジェルマンに2連勝を飾るなどの好調ぶりで、UEFAチャンピオンズリーグ出場も狙える位置につけている。その背景には、今季ブンデスリーガからやって来た3人の立役者がいる。

敏腕スカウトと新鋭指揮官の存在

 そのうちの1人は監督の二コ・コバチだ。「休暇を取りに来たわけではない。モナコの素晴らしい気候を楽しむために選手が移籍してくることも望んでいない。我われは、始めからチームのメンタリティを変えたかったんだ」とドイツメディア『シュポルト・アインス』に話すとおり、フランクフルト時代を彷彿とさせる運動量と身体面の強さを生かした戦いを実践している。

 そのコバチをモナコに連れてきたのは、今季からスポーツディレクターに就任したイギリス人のポール・ミッチェルだ。現役時代は2部や3部などのチームでプレーし、引退後はスカウトとして活躍。……

残り:1,817文字/全文:2,342文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ケビン・フォランドニコ・コバチモナコ

Profile

鈴木 達朗

宮城県出身、2006年よりドイツ在住。2008年、ベルリンでドイツ文学修士過程中に当時プレーしていたクラブから頼まれてサッカーコーチに。卒業後は縁あってスポーツ取材、記事執筆の世界へ進出。運と周囲の人々のおかげで現在まで活動を続ける。ベルリンを拠点に、ピッチ内外の現場で活動する人間として先行事例になりそうな情報を共有することを心がけている。footballista読者の発想のヒントになれば幸いです。