SPECIAL

「スカウティング」「方法論」「競争」「機会」ベンフィカの育成プロセスを支える4つの柱

2021.03.14

優れた指導者がそろい、世代を代表する選手が次々と台頭してきた西欧の小国。そのクラブの中でも育成の名門と呼ばれるのが、ポルトガルを牽引してきたビッグ3、かつてクリスティアーノ・ロナウドやリカルド・クアレスマを生んだスポルティング、近年ではルーベン・ネベスやアンドレ・シルバらが腕を磨いたポルト、そして今回注目した歴代最多37回のリーグ優勝を誇るベンフィカだ。

※『フットボリスタ第82号』より掲載。

 [4-3-3]のフォーメーションをイメージした時、ベンフィカで近年台頭した選手だけでハイレベルなスターティングイレブンをそろえることが可能だろう。GKはエデルソン(マンチェスターC)、4バックはネルソン・セメド(ウォルバーハンプトン)、ルーベン・ディアス(マンチェスターC)、フェロ(ベンフィカ)、ジョアン・カンセロ(マンチェスターC)、中盤の3センターにはレナト・サンシェス(リール)、フロレンティーノ・ルイス(モナコ)、アンドレ・ゴメス(エバートン)を並べ、前線の3トップはベルナルド・シルバ(マンチェスターC)、ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリー)、ゴンサロ・ゲデス(バレンシア)が組む。特にエデルソン、カンセロ、ベルナルド・シルバが主力に定着し、今夏獲得したるルーベン・ディアスもレギュラーとして活躍するマンチェスターCを率いるペップ・グアルディオラは、ベンフィカに足を向けて寝られないはずだ。……

残り:3,044文字/全文:3,648文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ベンフィカ育成

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。