SPECIAL

「炎の洗礼」から「荒らし」へ。原大智、驚きのクロアチアデビュー

2021.03.08

2021年2月、FC東京のFW原大智のNKイストラへの完全移籍が決まった。クロアチア1部に所属する彼らはアラベスの傘下クラブとしても知られている。前回は移籍の経緯を解説してもらったジャーナリストの長束恭行氏に、2ゴール3アシストと理想的な新天地デビューとなった公式戦3試合を現地の情報を交えて振り返ってもらった。

 FC東京から「原大智選手 NK Istra 1961へ完全移籍内定のお知らせ」が公式アナウンスされてから丸1カ月が経過した。欧州初挑戦の舞台はクロアチア。イストラは10クラブ中10位のリーグ最下位。この移籍劇に首をかしげるファンも多かったが、数字から言及すれば「公式戦3試合出場、2ゴール3アシスト」。決定力不足に悩むイストラにとっては待望のストライカーの到来で、現時点では5段階評価の「5」を与えていいだろう。

「炎の中」で奪った1ゴール1アシスト

 新たな国に来た実力未知数の外国人選手にとっては、まずはチャンスの糸口をつかみ、本番で自己証明を果たしながら周囲を認めさせ、レギュラー争いの序列を引っくり返すことが肝心だ。そのプロセスを原は極めて短いタームで成し遂げたわけだが、そこに至るチーム事情も存在した。……

残り:5,284文字/全文:5,876文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年9月号 Issue086

[特集]「カルチョ新時代のはじまり」EURO2020優勝記念!復活のアズーリ、変革期のイタリアサッカーを大特集! ■イタリア代表、モダンサッカー改革の全貌 ■セリエA、監督大移動の21-22シーズン展望

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

NKイストラ原大智

Profile

長束 恭行

1973年生まれ。1997年、現地観戦したディナモ・ザグレブの試合に感銘を受けて銀行を退職。2001年からは10年間のザグレブ生活を通して旧ユーゴ諸国のサッカーを追った。2011年から4年間はリトアニアを拠点に東欧諸国を取材。取材レポートを一冊にまとめた『東欧サッカークロニクル』(カンゼン)では2018年度ミズノスポーツライター優秀賞を受賞した。