SPECIAL

FC東京・原大智のNKイストラ移籍劇。演じるべき役は「残留の救世主」

2021.02.16

FC東京のFW原大智のNKイストラへの完成移籍が決まった。クロアチア1部に所属する彼らはアラベスの傘下クラブとしても知られている。残留争いの真っただ中にいるクラブが、なぜ21歳の日本人FWに白羽の矢を立てたのか――クロアチアサッカーに詳しいジャーナリストの長束恭行氏に解説してもらおう。

 「チームを離れることは寂しいし、不安なこともありますが、人生一度限りなので新たに環境を変えて戦おうと決意しました」

 FC東京の公式ホームページで、原大智は海外挑戦の理由をそのように語った。一昨シーズンのJ3でトップスコアラーになり(19得点)、昨シーズンは途中交代が中心とはいえトップチームで公式戦33試合に出場。日本では稀有な191cmのサイズを武器にし、Jリーグでプレーを続けていても前途洋々たるキャリアを築けたはずだろう。しかし、21歳の若武者は海を越えることを決断した。新たな環境はクロアチア。完全移籍する先は目下、クロアチア1部リーグ最下位の「NKイストラ1961」(以下、イストラ)だ。

原の入団を報じるイストラ公式Twitter

スペイン体制から3年…「育成クラブ化」の弊害

 イストラが本拠を置くプーラはクロアチア北西部、イストラ半島の先端にある風光明媚な港町。中心部にローマ帝国時代の円形闘技場や神殿が残り、周囲には海水浴に適したビーチが点在。温暖な気候に恵まれ、近隣国からの観光客のみならず、あらゆるサッカーチームがキャンプで訪れる。

プーラの観光名所の一つである円形闘技場

……

残り:4,483文字/全文:5,342文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年3月号 Issue083

変化を牽引するドイツの今。商業化の功罪、育成大国の模索、CL王者の戦術 【特 集】 ブンデスリーガの光と影。 変革期のドイツサッカー界で何が起きているのか

10日間無料キャンペーン実施中

国内サッカー強化WEEK

TAG

NKイストラ原大智移籍

Profile

長束 恭行

1973年生まれ。1997年、現地観戦したディナモ・ザグレブの試合に感銘を受けて銀行を退職。2001年からは10年間のザグレブ生活を通して旧ユーゴ諸国のサッカーを追った。2011年から4年間はリトアニアを拠点に東欧諸国を取材。取材レポートを一冊にまとめた『東欧サッカークロニクル』(カンゼン)では2018年度ミズノスポーツライター優秀賞を受賞した。