SPECIAL

オーストラリアのGK工場を再建する「GK界のナーゲルスマン」

2021.03.05

マーク・シュウォーツァーを筆頭に、歴史的に英語圏のプレミアリーグを中心に名GKを輩出してきたオーストラリアサッカー界。その中で「オーストラリアのGK工場」と称されるセミプロクラブ、シドニー・ユナイテッド58FCに登場した若きGKコーチ、ビータス・メイルズのユニークな指導キャリアとGK育成法を紹介する。

※『フットボリスタ第82号』より掲載。

 W杯のアジア予選で常に日本代表と劇戦を繰り広げてきたオーストラリア代表は、世代ごとにトップクラスのGKを輩出してきた。

 記憶に新しいのが、マーク・シュウォーツァーだ。オーストラリア代表の最多出場記録保持者は、長いリーチを生かしたセービングとハイボール処理を武器にしていた。何度となく日本代表の攻撃を食い止めた名守護神は、プレミアリーグでも活躍。晩年は頼れるバックアップとして、チェルシーやレスターにも所属した。現在、プレミアリーグのブライトンで正守護神のポジションを勝ち取っているのがマシュー・ライアンだ。上背はそこまでではないものの俊敏性に優れ、特に相手の選択肢を消すような1対1対応を得意とする男は、「シュウォーツァーの後継者」として代表の門番を任されている。ブライトンでは指揮官にビルドアップへの積極的な参加を求められており、モダンなGKとしての成長も著しい。

 そのように多くの名守護神を輩出しているオーストラリアに、「GKの工場」とも呼ばれるセミプロクラブが存在する。今回は、彼らのGK育成を支える環境と名指導者を紹介しよう。

現役時代のシュウォーツァー

オーストラリアのアヤックス

……

残り:3,710文字/全文:4,382文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

GKオーストラリア

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。