SPECIAL

アーリング・ホーランド、19歳の肖像

2020.07.01

ポルディのようにウィットで、ロナウドのようにストイック

彗星のごとく次代のスーパースター候補筆頭格に名乗りを上げたアーリング・ホーランド。19歳の青年を形成する「稀有なメンタリティ」の源について、ザルツブルク時代のコーチに話を聞き、普段からドルトムント取材で彼と直に接してもいるダニエル・テーベライト氏に綴ってもらった。

 アーリング・ホーランドが、自分のゴールパフォーマンスがどれだけの意味を持つことになるかを計算していたかどうかはわからない。しかしその効果は抜群だった。2月18日、CLラウンド16のパリ・サンジェルマン戦(2-1)で先制となる同大会9得点目を決めた時、ベストファーレンシュタディオンは興奮に沸き返った。そして当のホーランドは落ち着き払い、ヨガの師匠でもあるかのように地面にロータス座りをし、親指と人差し指でチンムドラーのポーズをしてみせた。……

残り:3,308文字/全文:3,693文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アーリング・ホーランドドルトムント

Profile

ダニエル テーベライト

1971年生まれ。大学でドイツ文学とスポーツ報道を学び、10年前からサッカージャーナリストに。『フランクフルター・ルントシャウ』、『ベルリナ・ツァイトゥンク』、『シュピーゲル』などで主に執筆。視点はピッチ内に限らず、サッカーの文化的・社会的・経済的な背景にも及ぶ。サッカー界の影を見ながらも、このスポーツへの情熱は変わらない。