SPECIAL

レアル・マドリー入りへ!チュアメニという超負けず嫌いな若者が、1億ユーロの“大物”MFになるまで

2022.06.08

キリアン・ムバッペをめぐるレアル・マドリーとパリ・サンジェルマンの対決は、ムバッペが2025年まで契約延長、という形で後者が勝利する格好となったが、その余韻も残る中、今度はフランスの新たな逸材をめぐって両クラブの獲得合戦が過熱。ターゲットはモナコに所属する22歳のMF、オレリアン・チュアメニだ。

 “○○の再来”というたとえを好むサッカー界で、チュアメニは「ポール・ポグバの再来」と呼ばれている。クロード・マケレレやケビン・デ・ブルイネ、そしてポグバを観察し、目標として育ってきたという彼自身にとっても、この称号はまんざらでもないらしい。

 チュアメニを見ていて浮かぶ言葉は「大物感」だ。かといって「ふてぶてしい」といった印象はまったくなく、むしろ受け答えも謙虚なのだが、ピッチ上での佇まいには22歳とは思えない貫禄がある。彼のプレーで際立っている点を挙げるなら、「ピッチ全体が見渡せているビジョンの良さ」「効率の良いポジショニング」「インテリジェンス」の3つだ。

 身長187cmと上背はあるが線は細めのチュアメニは、ポグバやパトリック・ビエラのような“ゴリゴリ”プレーするタイプではなく、“ススっ”と動く感じ。相手からのボール奪取時も、勢い任せにボールを狙いにいくのではなく、じりじりと体を寄せて袋小路に追い込むといった、次の展開を読む知的さが秀逸だ。

モナコでは20-21に公式戦42試合(3得点4アシスト)、21-22は50試合(5得点3アシスト)に出場し、2季連続でリーグ1年間ベストイレブンにも選出された

地元でサッカーを楽しみ、人の話をよく聞いた少年時代

 2000年1月27日生まれのZ世代であるチュアメニが誕生したのは、パリから北西に約130kmの距離にある古都ルーアン。薬剤師だった父が転勤族で、オレリアン少年が5歳の時にボルドーに移住した。会社のサッカーチームに所属していた父は、息子をいつも試合や練習に連れて行ったそうで、ボルドーに落ち着いたのを機にチュアメニは地元のサッカークラブに入団した。

 ローカルな大会で目立った活躍をするようになると、ジロンダン・ボルドーのアカデミーがさっそく興味を示したが、「10歳くらいまではサッカーは楽しんでやるもの」というポリシーがあった父は、プロクラブの勧誘にはなびかず、毎年来ていた入団の誘いを断り続けた。所属する地元のクラブ、SJアルティグはアマチュアだったが、チュアメニが出場したU-11のアカデミー全国大会では、そのボルドーを破り、パリ・サンジェルマン(以下PSG)やリール、リヨン、マルセイユといったプロのトップクラブとともに決勝ラウンドまで勝ち残るという、クラブ史に残る偉業を達成している。

 父親やチームメイト、エージェントなど、彼のこれまでのキャリアに関わった人物に話を聞いた昨年8月発売の『フランスフットボール』誌の中で、SJアルティグの会長は当時のチュアメニについて「とにかく人の話をよく聞き、教えたことをすぐに吸収できる飲み込みの早い子だった」と証言している。……

残り:3,169文字/全文:4,547文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

オレリアン・チュアメニモナコレアル・マドリー

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。