SPECIAL

後半の戦いぶりに見た“5レーン対策”攻略の糸口とは?オマーン対日本分析

2021.11.18

いよいよ運命の後半戦へと突入したカタールワールドカップアジア最終予選。敵地でオマーン代表と対戦した日本代表は0-1で勝利し、オーストラリア代表を抜いてストレートで本大会行きとなるグループ2位浮上を果たした。 守田英正を欠く中、継続採用された[4-3-3]の機能性や終盤までゴールが遠い展開となった要因、柴崎岳や後半投入された選手たちのプレーが感じさせた可能性について、らいかーると氏が解き明かす。

 ベトナム戦で[4-3-3]の成熟を選んだ日本は、このオマーン戦でも[4-3-3]を選択した。累積で出場停止の守田英正の代役は柴崎岳。守田と田中碧を前提とする[4-3-3]という見立てを一掃する森保一監督の決断だった。なお、左インサイドハーフに田中碧、右インサイドハーフに柴崎岳を起用したことで、ベトナム戦で守田が担っていた役割を田中に、田中の役割を柴崎に行わせる差配となっていた。

 試合前からわかりきっていたことかもしれないが、オマーンの配置は[4-3-1-2]。日本の[4-3-3]とは噛み合う形となる。相手のDFとMFのライン間で行動する予定だった南野拓実と柴崎は、オマーンのインサイドハーフに捕まった状態でスタートを余儀なくされる格好となった。なお、ベトナム戦で抱えた守田の苦悩を田中碧が引き継ぐ形になったことは言うまでもない。……

残り:3,606文字/全文:4,169文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

オマーン代表レビュー戦術日本代表

Profile

らいかーると

昭和生まれ平成育ち。サッカー指導者にもかかわらず、様々な媒体で記事を寄稿するようになってしまった。ただ、書くことは非常に勉強になるので、他の指導者も参加してくれないかなと心のどこかで願っている。好きなバンドは、マンチェスター出身のNew Order。 著書に『アナリシス・アイ サッカーの面白い戦術分析の方法、教えます』