SPECIAL

「強いヤツじゃなくて、柔軟なヤツが生き残っていく」。大宮・中村順アカデミーダイレクターが辿るサッカーの旅

2021.09.29

中村順(大宮アルディージャ アカデミーダイレクター)インタビュー後編

日本サッカーの育成界にこの人あり。柔和な笑顔とテンポの良い関西弁が印象的な55歳は、誰もが思わず話したくなるような、心を開きたくなるような、オープンマインドの持ち主でもある。だが、1990年代に一念発起して単身でドイツに渡ったことも、かつてからの夢だった育成年代の指導へ体当たりでぶつかっていることも、すべてはあふれんばかりの圧倒的な情熱に突き動かされてきた、“信念の人”でもある。大宮アルディージャアカデミーダイレクター。中村順。

インタビュー後編は育成年代の指導者に辿り着いた経緯、大宮のアカデミーを整備するために走り回った奮闘の日々など、30代後半から今に至るキャリアを振り返ってもらう。

←前編

念願だった育成年代の指導者に


――アルディージャの後に、ジェフユナイテッド千葉の普及コーチとプロフィールには書かれていましたが、ここが育成年代との最初の接点ですか?

 「当時は仙台に佐川急便仙台という社会人のチームがあって、当時ジェフがコーチを派遣していたんですけど、そのコーチのお仕事をいただいて、半年間やらせていただきました。ただ、半年後にもうこのチームは強化しないということになって、どうするかという時にピムが『オマエ、今何してる?』と、僕を気にして連絡してきてくれて、事情を話したら『わかった。オレは京都に電話する』と言って、ピムから売り込んだんですね。それで京都パープルサンガとの契約が成立してから、僕に通訳として声をかけてくれたんです。今から考えたら、仙台で次の仕事がなくなった自分を救ってくれたのかなと。本心はわからないですよ。当時の彼はPSVの育成部長をしていたので、現場に戻りたい気持ちはあったと思うんですけど、僕がそういう状況だということを知っていて、というのもあったんじゃないかなと。それで京都に行かせていただいて、半年間通訳をやりました。残念ながらJ1に残留できなかったんですけど、その後も3年間アカデミーのコーチをやらせていただきましたね」


――そうすると京都が育成年代と接点ができたスタートということですね?

 「深く関わったのはそうです。やっと夢が叶ったという感じでした。凄く充実した時間でしたね。宮吉(拓実)や駒井(善成)もいましたけど、当時の京都はアカデミーもまだまだ整備されていないというところでしたし、今と比べたら雲泥の差ですよ。彼らがここまでで出してきた成果は素晴らしいものですね」


――もともと体育の先生になりたかったわけですしね。

 「そうですね。本当に夢が実現したなと。体育の先生ではなく、プロのサッカーのコーチとして、育成年代の子供たちに携われるわけで。でも、実際に蓋を開けたら選手たちは、もう『すみません』って謝らないといけないヤツらばっかりでした(笑)。まあ大変でしたね」


――最初にしっかり育成年代をやる上では、かなり素材として良い選手が多いチームだったんじゃないですか?

 「僕はジュニアユースを3年間やったんですけど、最初の2年間はプロに上がるようなタレントはいなかったんですよ。僕の最後の年には宮吉たちが2年生で、これから本当に頑張ろうというような時だったんですけど、その前はやっぱり地ならしですよね(笑)。反抗期のヤツを捕まえて、カラオケボックスで『オレが『15の夜』歌ったるわ』言うて、『やめてください。勘弁してください』みたいな(笑)。でも、そのあたりからみんなの意識や向き合い方が変わって、宮吉たちがプレーしやすい環境ができて、彼らは中学3年で全国大会に優勝したんですよね。僕がいたのはその前までなんです。菅澤大我(現・FC町田ゼルビアアカデミーダイレクター)と会ったのもそうですし、達磨にレイソルがやっていることを見せてもらったり、凄く勉強になった3年間でしたね」


――アルディージャにはトップのコーチで戻ってこられて、今はもう10年近く育成年代に携わってらっしゃいますけど、やはり育成年代を見ることが一番やりたいことだという想いが強いですか?

 「ここにトップのコーチとして帰ってきた時に、J1で残留争いを2年間やったんですけど、凄く難しさがありました。いろいろな選手がいて、価値観も多様で、もちろん勝利という目標のためにみんな戦うんですけど、やっぱりそれぞれにバックグラウンドがあるわけで、これを1つにまとめるのは凄く大変だなと。でも、ある程度同じようなバックグラウンドを持っている選手だったら、戦術的な理解も早いし、いわゆるアカデミーの選手がチームの中の多くを占めていったらどうなっていくんだろうと。それで『やはりアカデミーって凄く大切だな』と思いながらも、当時はアカデミーからトップに上がってくる選手はなかなかいなくて、『これを大宮として何とかしなきゃいけないよな』ということを感じながらやっていたというのはありますよね。それでアカデミーへ2009年に行かせてもらったんです」

“基準”がなかったセレクションの選手選考


――中村さんが担当されていた当時のジュニアユースのメンバーを見ると大山啓輔選手やンドカ・ボニフェイス選手もいて、良い意味で個性がバラバラな印象ですが、あれはあえてそういう選手たちを集めていたんですか?
……

残り:6,626文字/全文:8,803文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年1月号 Issue088

08-09ペップバルサから2021川崎Fまで。革新チームで振り返る15年の戦術進化 [特集]2006-2021サッカー戦術ヒストリア フットボリスタ創刊15周年記念号

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

中村順大宮アルディージャ戦術文化

Profile

土屋 雅史

1979年8月18日生まれ。群馬県出身。群馬県立高崎高校3年時には全国総体でベスト8に入り、大会優秀選手に選出。2003年に株式会社ジェイ・スカイ・スポーツ(現ジェイ・スポーツ)へ入社。学生時代からヘビーな視聴者だった「Foot!」ではAD、ディレクター、プロデューサーとすべてを経験。2021年からフリーとなり、現在はゲキサカを中心に活動中。昔は現場、TV中継含めて年間1000試合ぐらい見ていたこともありました。サッカー大好き!