SPECIAL

“ポスト・メッシ”の利点と課題。新生バルサの「ビルドアップ」「守備」「崩し」を徹底分析

2021.09.04

ソシエダに4-2、アスレティックに1-1、ヘタフェに2-1と8月無敗の滑り出し。そしてこの3試合で、メッシのいない新生バルセロナの輪郭が見えてきた。チームの変容や今後カギとなるポイントについて、開幕前に展望記事を寄稿したバルサファンのぶんた(@s_bunta)さんにあらためて分析してもらった。

 開幕前から不安でしかなかったものの、蓋を開けてみるとラ・リーガ第3節を終えて2勝1分。7得点4失点と、失点の多さは玉に瑕(きず)だが、メンフィス・デパイ(今夏にリヨンから加入)の大活躍で、メッシが抜けたことによる得点力不足に陥ることはなく、バルセロナは上々のスタートを切った。

 この3試合のピッチ上で起きた現象からは、弱みに目をつぶり強みを最大化するのではなく、欠点をなくし相手に付け入る隙を与えない方向へと向かっているように感じたが、実際はどうだったのか? 開幕前のWEB記事で、メッシが抜けて得られるメリットとデメリットをまとめたが、その中の「ビルドアップ」「ゴールを守る&ボールを奪う守備」「崩しの局面」の3つを分析し、課題を挙げたいと思います。

多彩なビルドアップ

……

残り:6,353文字/全文:6,842文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

バルセロナメンフィス・デバイリオネル・メッシ

Profile

ぶんた

戦後プリズン・ブレイクから、男たちの抗争に疲れ果て、トラック野郎に転身。デコトラ一番星で、日本を飛び出しバルセロナへ爆走。現地で出会ったフットボールクラブに一目惚れ。現在はフットボーラー・ヘアースタイル研究のマイスターの称号を得て、リキプッチに似合うリーゼントスタイルを思案中。座右の銘は「追うもんの方が、追われるもんより強いんじゃ!」