SPECIAL

最高のリーダーシップとファンの視界――スイス代表キャプテン、グラニト・ジャカの物語

2021.07.11

6月28日のEURO16強、フランス撃破の中心にいた背番号10の存在はあまりにも頼もしかった。主将としてスイスを牽引し、スター・オブ・ザ・マッチにも選出されたジャカだ。しかしそんな28歳のMFは今夏、5年間プレーしたアーセナルからの移籍が取り沙汰されている。眩しいくらいのリーダーシップ、本来の姿をEUROの舞台で見せてくれたジャカに対し、彼に批判の矛先を向けることもあったアーセナルのファンは何を思うのか。長年アーセナルを追い、今大会を通してジャカ愛が止まらなくなったというキムラヤスコさんに胸の内を綴ってもらった。

 EURO2020で記憶に残る活躍を見せたチームの一つが、初のメジャー大会ベスト8進出を果たしたスイス代表だ。なかでも、ノックアウトラウンドの初戦、優勝候補と噂されたフランスを相手に、1-3から土壇場で追いつき、PK戦を制して勝ち上がったドラマティックな試合は、見ていた多くの人に強烈な印象を残したことだろう。

 延長戦に入る前、スイス代表は、ピッチ上の11人だけでなく、ベンチメンバーに監督、スタッフ、とにかくありとあるゆる関係者を巻き込んで大きな円陣を組んだ。その中心には、1人の金髪の男が大きな声を出し、全員を鼓舞する姿があった。それがスイス代表キャプテン、グラニト・ジャカだ。

天性のリーダーシップの持ち主

……

残り:4,360文字/全文:4,930文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

EURO2020グラニト・ジャカスイス代表

Profile

キムラ ヤスコ

観光、人材育成、アーセナルを主な守備範囲として企画・執筆活動を行っているライター・エディター。各国の文化や社会問題の視点からヨーロッパサッカーを眺める、自称「国マニア」的文化系フットボールファン。