SPECIAL

完全モデルチェンジしたイタリア代表。「モダンサッカー化」の実験の答えが出る

2021.06.08

【EURO2020カウントダウン企画】強豪国の戦力分析#5イタリア代表

6月11日に開幕するEURO2020。そのカウントダウン企画として、各国に精通するジャーナリストが強豪国の戦力分析&最新情報をお届けする。第5回は、国を挙げて「モダンサッカー化」の実験を敢行中のアズーリ。果たして、この決断は吉と出るのか?

 2018年のロシアW杯で予選敗退、54年ぶりに本大会出場を逃すという屈辱から3年あまり。ロベルト・マンチーニを指揮官に迎えたアズーリことイタリア代表は、それまでとはまったく路線の異なる明確なプロジェクトの下で新たなアイデンティティを確立し、このチームにとって初めてのメジャートーナメントに臨もうとしている。

育成年代と統一されたゲームモデル

……

残り:3,557文字/全文:3,887文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年11月号 Issue087

【特集Ⅰ】 シティ・グループ、RBグループに続く新勢力が続々と…「派閥化」するフットボールの世界 /【特集Ⅱ】 All or Nothing ~アーセナル沼へようこそ~

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

EURO2020イタリア代表

Profile

片野 道郎

1962年仙台市生まれ。95年から北イタリア・アレッサンドリア在住。ジャーナリスト・翻訳家として、ピッチ上の出来事にとどまらず、その背後にある社会・経済・文化にまで視野を広げて、カルチョの魅力と奥深さをディープかつ多角的に伝えている。主な著書に『チャンピオンズリーグ・クロニクル』、『それでも世界はサッカーとともに回り続ける』『モウリーニョの流儀』。共著に『モダンサッカーの教科書』などがある。