SPECIAL

CL決勝はエドゥアール・メンディに注目!驚異的な反応速度の秘密は「跳ねる」準備動作にあり

2021.05.29

現地時間5月29日にフィナーレを迎えるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)。2年ぶりのイングランド勢対決となる決勝で、3冠を狙うマンチェスター・シティの強力な攻撃陣に立ちはだかるのは、昨秋レンヌから加入したチェルシーの守護神エドゥアール・メンディ。今季自身初の欧州最高峰の舞台で11試合3失点と早くも鉄壁を築き上げているセネガル代表GKの秘密を、GK分析の専門家レネ・ノリッチ氏が解き明かす。

 2020-21シーズンを終えたプレミアリーグで、ゴールデングローブ賞こそマンチェスター・シティのGKエデルソン・モラエスに譲ったが、チェルシーのゴールを守るエドゥアール・メンディは彼に次ぐ16試合のクリーンシートを達成。一方CLではメンディがエデルソンを1試合上回る8試合を完封しており、両クラブが相まみえる決勝は今季しのぎを削ってきたGK同士の対決も見どころの1つとなる。

高い反応速度を生む「跳ねる」動作

 チェルシーは今季、スペイン代表GKのケパ・アリサバラガが在籍3年目を迎えながらも十分な成績を残せずにいたため、序盤戦で新守護神の獲得を決断。そこでメンディの獲得を勧めたのがチェルシーの伝説的GKで同クラブのアドバイザーを務めるペトル・チェフと、その師にあたる元GKコーチのクリストフ・ロリションである。

 現在チェルシーのGKスカウトとして活躍しているロリションは、かつての教え子のような高い身体能力と長い腕を兼備するGKを好んでおり、メンディを獲得リストに入れたのも彼だと言われている。先んじて2018年からスカウティングを行っていた甲斐もあってか、このセネガル代表GKは加入直後から期待通り正GKの座をつかみ、197cmの長身からダイナミックなセーブを連発している。

 チェルシーに加入したばかりのメンディが、さっそく1試合通じて際立ったパフォーマンスを見せたのは、デビュー4試合目のプレミアリーグ第6節、アウェイでのマンチェスター・ユナイテッド戦だ。

……

残り:3,025文字/全文:3,996文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

エドゥアール・メンディチェルシー

Profile

レネ ノリッチ

1994年生まれ、東京都出身。少年団チームにGKコーチがいたことがきっかけでゴールキーパーをプレーし始める。ゴールキックを敵陣ペナルティエリア内まで蹴り込んでいた経験あり(小6)。2018年頃からゴールキーパーのプレー分析記事をブログやnoteに載せ始める。スタジアムでサッカー観戦する場合、GKのウォーミングアップから見始める。好きな選手はヤン・ゾマー、ニック・ポープ。