SPECIAL

愛される雑草キャラ、田川亨介を形作った恩師・金明輝との出会い【土屋雅史コラム】

2021.05.04

FC東京で出場機会をつかみ、東京五輪を目指すU-24代表の候補メンバーにもなっている田川亨介。泥臭くゴールに迫るストライカーは、意外にも少年時代はテクニシャンの10番タイプだったという。今の彼のプレースタイルの原点にあるのは、サガン鳥栖のアカデミー時代に出会った恩師の指導があった。

 決してエリート街道を歩んできたわけではない。泥臭く、愚直に、ただただ前だけを見据えてきたからこそ今の立場があることは、誰よりも自分が一番よくわかっている。

 「やっぱり自分は“雑草魂”じゃないですか。たぶんミョンヒさんのところでやっていたから、そういう気持ち的なところが植えつけられているのかなと。“雑草魂”です」

 虎視眈々と東京五輪のピッチを狙う、FC東京のストライカー。田川亨介に植えつけられている“雑草魂”のルーツを追った。

長崎生まれの10番タイプの少年、父の縁で鳥栖へ

……

残り:3,832文字/全文:4,217文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

田川亨介育成金明輝

Profile

土屋 雅史

1979年8月18日生まれ。群馬県出身。群馬県立高崎高校3年時には全国総体でベスト8に入り、大会優秀選手に選出。2003年に株式会社ジェイ・スカイ・スポーツ(現ジェイ・スポーツ)へ入社。学生時代からヘビーな視聴者だった「Foot!」ではAD、ディレクター、プロデューサーとすべてを経験。2021年からフリーとなり、現在はゲキサカを中心に活動中。昔は現場、TV中継含めて年間1000試合ぐらい見ていたこともありました。サッカー大好き!