SPECIAL

運命を変えた練習試合。中山雄太を育んだ柏レイソルアカデミーの日々【土屋雅史コラム】

2021.03.26

東京五輪に挑むU-24日本代表のキャプテン、中山雄太。現在はオランダ1部のズウォレに所属し、A代表でもポジションをつかみつつある新鋭は、ある練習試合で柏レイソルU-15にスカウトされた。彼を育んだ関係者の証言から、五輪代表キャプテンのルーツに迫る。

張ヶ谷が受けた衝撃、吉田達磨が一目惚れ

 張ヶ谷知樹は今でもその姿を鮮明に覚えている。

 「試合全体を通してはレイソルの方が一方的に攻めていたんですけど、雄太にゴールを決められたんですよ。そのシーンは圧倒的な雄太の個の能力にやられた感じでしたから」

 東京五輪に挑むU-24日本代表でもキャプテンマークを託されている中山雄太にとって、自身の運命が大きく変わった試合。それはどこでも行われているような、ごくごくありふれた1つの練習試合だった。

 龍ケ崎市立愛宕中学校サッカー部。中体連所属のチームに在籍していた14歳は、茨城県の地域トレセンに選出されると、ある冬の日に練習試合が組まれる。相手は柏レイソルU-15。のちにJリーガーとなる大島康樹や会津雄生など、実力者ぞろいのチームを向こうに回し、中山は獅子奮迅の活躍を見せる。

 当時はレイソルでトップチームの強化部長を任されていた吉田達磨の中で、その日の光景はクリアな記憶のままだ。……

残り:4,173文字/全文:4,714文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ズウォレ中山雄太日本代表柏レイソル

Profile

土屋 雅史

1979年8月18日生まれ。群馬県出身。群馬県立高崎高校3年時には全国総体でベスト8に入り、大会優秀選手に選出。2003年に株式会社ジェイ・スカイ・スポーツ(現ジェイ・スポーツ)へ入社。学生時代からヘビーな視聴者だった「Foot!」ではAD、ディレクター、プロデューサーとすべてを経験。2021年からフリーとなり、現在はゲキサカを中心に活動中。昔は現場、TV中継含めて年間1000試合ぐらい見ていたこともありました。サッカー大好き!