NEWS

名将が上位にズラリ。プレミアリーグ指揮官のヘアスタイルランキング

2020.10.16

 コロナ禍の中断期間、英国で問題になったのが「どうやって髪を切るか」である。多くの理髪店や美容室が休業となったため、髪を伸ばす選手も多かった。

 そんな不便な状況から解放され、ある程度は自由に髪型を整えられるようになったことで、今シーズンのプレミアリーグの「髪型」を見ていこう。サッカー情報サイト『Planet Football』がプレミアリーグの監督たちの髪型を(冗談を交えながら)ランク付けしているので紹介したい。

モウリーニョにアンチェロッティも

 5位に入ったのはトッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ。「15年前は彼がTVに映ると、フットボールに関心のない女性までその魅力に惹かれたほど。今は白髪になったが、それでもシンプルでスマートだ。UEFAヨーロッパリーグ出場権内に値する。ちなみに、(今年2月に)スキンヘッド状態にしたが、その時の髪型は降格圏だ」

モウリーニョ監督の現在の髪型は「シンプルでスマート」と好評だ

 4位はアーセナルのミケル・アルテタ。まだ38歳と若いこともあり「“レゴブロック”の男ことアルテタの髪は、黒々として毛量も多い」と上位入り。しかし「男性用の白髪染めの商品パッケージのモデルみたい」ということで4位止まりとなった。

 トップ3に入ったのはサウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督だ。「プレミアリーグで傑出した髪型の1つ」で「やり手の雰囲気を演出している」と絶賛されている。

 2位はエバートンを率いるイタリアの名将、カルロ・アンチェロッティだ。「20代から比べると白髪は増えたが、今でも毛量が豊富で整った横分けが決まっている。彼の年齢(61歳)では理想的な状態。イタリアの街中に座って新聞を読みながら、地元の子供たちの悪さに眉をつり上げる。そんな絵が想像できる。それに、あのエバートンを1つにまとめ上げたのだから尊敬に値する!」

1位の監督には“反則”疑惑?

 1位の前に、惜しくもトップ5入りを逃した監督を紹介しよう。レスターのブレンダン・ロジャーズは「鏡の前で髪を弄りながら、髪型が決まるまで外出しないところが想像できる。正直、他の監督よりも素敵に見えるが、これ以上高い順位を与えたら彼のエゴを喜ばせるだけ」ということで6位に留まった。

 さて、栄えある1位はというと、昇格組のフルアムを率いる40歳のスコット・パーカーだ。「綺麗に手入れされ、清潔感ある“クイッフ(髪型の一種)”の横分け。まさにスコット・パーカーというヘアスタイル」と大絶賛。

 しかしちょっとした疑惑も。「年齢とともに生え際が良くなっているような……。“反則”を疑ってしまうが、彼は人を騙すような男ではない!」と結論付けて「文句なく1位」とした。

栄えある1位はパーカー監督だが、“反則”の疑いも……

セリエAではピルロに注目

 様々な髪型を楽しめるプレミアリーグだが、ヘアスタイルと言えばファッションの本場、イタリアに目を向けるべきだろう。ちょうどスポーツ情報サイト『The Athletic』の記者が、「セリエAで一番のヘアスタイルは?」という読者からの質問に答えていたので紹介しよう。

 「お気づきだと思うが、アンドレア・ピルロがセリエAに戻ってきており、彼の美しい髪型は今でも健在だ」とジェイムズ・ホーンカッスル記者は真っ先にユベントスの新指揮官の名前を出した。

 さらに、スペツィアのMFルカ・モーラの髪型もお勧めとのことで、「ピルロの髪型をもっと捻ったスタイル。大学で学んだ哲学者に敬意を払っているのかも」と、ユニバーシアード代表に選ばれたこともある同選手について言及した。

 新戦力の中では、リールからナポリに加入した21歳のナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンが「90年代の(元フランス代表の)イブラヒム・バの雰囲気」を醸し出しているそうで、注目だという。

 現代フットボールは、戦術の多様化により色々なプレースタイルを見ることができるが、それと同時に“ヘアスタイル”に注目しても面白いかもしれない。


Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アンドレア・ピルロカルロ・アンチェロッティジョゼ・モウリーニョブレンダン・ロジャーズミケル・アルテタ

Profile

田島 大

埼玉県出身。学生時代を英国で過ごし、ロンドン大学(University College London)理学部を卒業。帰国後はスポーツとメディアの架け橋を担うフットメディア社で日頃から欧州サッカーを扱う仕事に従事し、イングランドに関する記事の翻訳・原稿執筆をしている。ちなみに遅咲きの愛犬家。