NEWS

ロシアで愛されたベルギー人DFロンバールツ、現役引退へ

2020.04.19

 ベルギー紙『HLN』によると、4月15日、KVオーステンデに所属する元ベルギー代表DFニコラス・ロンバールツが現役引退の意向を示した。ベルギー代表では39キャップで3得点を挙げた左利きのCBは、新型コロナウイルスによるパンデミックの中、ひっそりとピッチを去ることになった。

所属クラブには消滅の危機も

 現役最後となった2019-20シーズンは、年俸100万ユーロの引き下げ要求を拒否したため、Bチーム降格を余儀なくされていた。ロンバールツは『HLN』のインタビューで次のように語っている。

 「トップチームの選手たちとの接触はほとんどなかったが、U-23のコーチ陣とは良い関係を築いていた。若い選手たちは私のことをリスペクトしてくれていたし、私は自分の経験を毎日のように教えていた。本当は彼らへの感謝の意を伝えるために、夕食に招待したい。しかし、私の友人が新型コロナウイルスに感染しており、財政難によりクラブが消滅するかもしれない状況では難しい」

 所属するオーステンデは、製薬業界の「オメガファーマ」の創設者で国内随一の富豪であるマルク・クッケが2013年に買収し、積極的な補強で上位争いを演じるまで成長させた。ロンバールツはクラブの野心的なプロジェクトに乗じ、2017年にゼニトから加入している。

 しかし、2017年12月にクッケが名門アンデルレヒトを買収し、オーステンデを手放した後は、財政難に陥っている。現在はアメリカ・ハワイ州のメディア企業『パシフィック・メディア・グループ』への売却交渉を行っているが、前オーナーのクッケが現在も保持しているクラブ所有権の一部を手放しておらず、クラブの売却を拒否しているために交渉が難航している。売却交渉が成立しなければ、湾岸地区のクラブは消滅の可能性が危惧されている。

「皇帝」と呼ばれたベルギー人

 ゼニトでは10シーズンにわたって活躍したが、レッドデビルズ(ベルギー代表の愛称)ではバンサン・コンパニ、トーマス・フェルメーレン、ヤン・フェルトンゲン、トビー・アルデルワイレルトの4人に阻まれ、39試合3得点にとどまっている。度重なる膝の負傷のため、コンパニが出場辞退したUEFAユーロ2016にも出場ができず、ロシアプレミアリーグ屈指の実力者も代表では恵まれなかった。

 しかし、「ベルギー黄金世代」と呼ばれた1985年以降のタレントの中で、真っ先に国外でベルギー人選手の価値を示したロンバールツの功績なくして、今の代表とベルギーリーグはあり得なかっただろう。

 10年間を過ごしたゼニトでは今もなお愛されている。ヘントでデビュー後、当時の監督であるディック・アドフォカートに誘われ、2007年1月にゼニトへ移籍。アンドレイ・アルシャビン、パベル・ポグレブニャクらがゴールを量産する攻撃陣に注目されたが、ロンバールツは強靭なフィジカルと正確な左足で後方からチームを支え、ゼニトは2007年シーズンに初優勝を果たしている。

 ヘント所属時にはベルギー国内で最高水準と評価されるヘント大学で法学部に所属していたインテリで、母国語のオランダ語、フランス語のみならず、英語、ドイツ語もこなし、ゼニト所属時には現地メディアに流暢なロシア語でインタビューに応えていた。

 ロシア人選手と外国籍選手の橋渡し役となり、ロッカールームでの結束力を高めた功績は、ロシアでの盤石な地位を築く礎になった。流暢なロシア語を話すロンバールツは、ベルギー国内では「ツァーリ(ロシア語で「皇帝」)」と呼ばれて親しまれた。

 2008年3月に現在もなお頻繁に戦線離脱する要因になっている左膝十字靭帯断裂の大ケガを追って1年半ピッチから離れ、07-08シーズンのUEFAカップ(現UEFAヨーロッパリーグ)優勝や2008年北京五輪といった大舞台では活躍できず、2016年には膝の問題によってサンダーランドへの移籍も破談になった。しかし、ゼニトは契約が切れる2017年まで全力でサポートをし続けた。

 新型コロナウイルスの流行によって外出が許されていないベルギーだが、ロンバールツは引退後のキャリアに向かって進んでいる。ロメル・ルカク、ティミー・シモンス、シモン・ミニョレ、デニス・プラート、ユーリ・ティーレマンスとともに指導者ライセンスの講習を受け、来シーズンからはゼニトのスカウティングスタッフに加わる模様だ。


Photo: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アンデルレヒトオーステンデゼニトニコラス・ロンバールツ

Profile

シェフケンゴ

ベルギーサッカーとフランス・リーグ1を20年近く追い続けているライター。贔屓はKAAヘントとAJオセール。名前の由来はシェフチェンコでウクライナも好き。サッカー以外ではカレーを中心に飲食関連のライティングも行っている。富山県在住。