NEWS

カバーニやジョタを抑え、プレミアリーグの前半戦MVPに選出されたのは?

2021.02.03

 今シーズンのプレミアリーグも折り返し地点を過ぎて運命の後半戦に突入しているが、果たして前半戦は誰が活躍したのだろうか?

 英国放送局『BBC』のウェブサイトには、毎試合ファンが選手を採点するページがあり、前半戦を通しての集計結果が出ていたので紹介しよう。

新戦力たちが高評価を獲得

 まずは首位を走る好調マンチェスター・シティ。同クラブでケビン・デ・ブルイネやイルカイ・ギュンドアンなどの中盤のタレントを抑えてファンから最高評価を受けたのは、DFジョン・ストーンズだった。チーム最高の「6.62」(10点満点中)を記録しており、チームの最少失点に貢献しているCBについて、『BBC』も「のけ者から主軸に大復活」と称えている。

 ライバルのマンチェスター・ユナイテッドでも少し“意外”な結果が出ている。攻撃のタクトを振るうブルーノ・フェルナンデスはチーム2位の採点に留まり、1位に輝いたのは新戦力のFWエディンソン・カバーニで「6.38」。後半投入から2得点1アシストで3-2の逆転勝利に貢献した11月のサウサンプトン戦では、驚異の「8.91」という採点を得ていた。

マンチェスターUでは新戦力のカバーニが最高の評価を獲得した

 王者リバプールでも同じく新戦力のアタッカーが最高評価を得ている。リーグ戦9試合で5ゴールを決めているFWディゴ・ジョタだ。ホームデビュー戦で途中出場からいきなりネットを揺らすなど、勝負強さが印象的。12月上旬に彼がケガで離脱してからチームもスランプに陥ったので、正当な評価と言えるのかもしれない。

 一方、監督交代に踏み切ったチェルシーでは選手たちも軒並み低評価となり、「6」を超えていたのはFWオリビエ・ジルー(6.06)の一人だけ。経験豊富な頼れるストライカーは限られた出場時間の中で確実に結果を残しており、UEFAチャンピオンズリーグではスタメン出場は1試合(途中出場3試合)ながら5ゴールという決定力を見せつけている。

前半戦の最高点は「7.47」

 シーズン前半戦には首位にも立っていたジョゼ・モウリーニョ率いるトッテナムは予想通りの採点結果に。次点のハリー・ケイン(6.36)を抑えて最高評価を得たのは韓国代表FWソン・フンミン(6.48)だ。ここまで12得点で得点ランク2位につけており、アジア人初のプレミアリーグ得点王も夢ではない。

 ノースロンドンの宿敵であるアーセナルではスコットランド代表左SBキーラン・ティアニーが最高評価に。『BBC』は同選手のプレー面だけでなく、意外な部分にも着目した。

 雪中決戦となった1月2日のウェストブロミッチ戦でゴールを決めたティアニーについて「雪の中で手袋も着けず、Tシャツ一枚でウォームアップした選手が最高評価を得るのは当然だ」と総括している。

 とはいえティアニーの採点は「6.00」に留まり、各チームの最高評価20名の中でワースト3位となった。そんなティアニーを下回ったのは、下位に低迷するウェストブロミッチのGKサム・ジョンストン(5.92)とシェフィールド・ユナイテッドのMFオリバー・バーク(5.19)だ。

 最下位シェフィールド・ユナイテッドはおのずと採点も低かったが、この集計の後にマンチェスター・ユナイテッドを敵地で倒す大金星を挙げており、その試合ではフィル・ジャギエルカの「8.51」を筆頭にバークも「8.35」などチーム平均「8」以上を記録。シーズン後半戦は急浮上が期待される。

 では、6試合以上に出場した選手の中で最も高い評価を得た“シーズン前半戦の非公式MVP”は誰なのか。アストンビラの大躍進の原動力となったジャック・グリーリッシュは「7.33」と素晴らしい評価を得るも、リーグ全体で見ると3位の数字。

 2位はウェストハムのミカイル・アントニオ(7.42)。ケガもあって集計時点ではリーグ戦11試合の出場だが、それでも5ゴールをマークしてチームの上位進出に貢献している。

 そんなアントニオを抑えて堂々の1位に輝いたのは、サウサンプトンのFWダニー・イングスだ。プレミアリーグでは今季開幕から出場8試合で6ゴールを叩き出す大活躍で、一時はチームを32年ぶりの首位に立たせて「7.47」という前半戦の最高点を獲得した。

 こうして見ると、躍進を遂げたチームのエースが高採点を記録している。果たして後半戦は誰が主役になるのか。今から楽しみだ。


Photos: Getty Images

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年5月号 Issue084

試合の見方が変わる!プロの現場で行われている最先端の「分析」手法を公開。【特集】プロ目線のサッカー観戦術。最先端の「分析」とは何か。

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

エディンソン・カバーニケビン・デ・ブルイネマンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドリバプール

Profile

田島 大

埼玉県出身。学生時代を英国で過ごし、ロンドン大学(University College London)理学部を卒業。帰国後はスポーツとメディアの架け橋を担うフットメディア社で日頃から欧州サッカーを扱う仕事に従事し、イングランドに関する記事の翻訳・原稿執筆をしている。ちなみに遅咲きの愛犬家。