SPECIAL

あの3バックはいったい何だった? ペップの意図、チームの弱み、リヨンが提示したシティ封じ

2020.09.30

ペップ・シティの歯車が狂い始めているのだろうか。悲願のタイトルであるCLでリヨンに屈し失意のまま昨シーズンを終え、迎えた新シーズンは3戦目にして早くも初黒星。それも単なる敗戦ではなく、監督ペップ・グアルディオラにとって過去最悪となる5失点を喫しての大敗だった。ここでは、ショッキングな一戦となったリヨン戦にあらためてスポットライトを当て、この一戦でのみ投入された3バックの意図やチームが抱えるウィークポイント、リヨンによるシティ封じの手法を考察する。

 大一番に弱いペップ・グアルディオラ――センセーショナルな記事が新聞の紙面を飾り、バルセロナやバイエルンで栄光の日々を過ごした天才の名声は地に墜ちた。欧州の覇者を決めるチャンピオンズリーグでの成功は近づくほどに離れていくようで、まるで霧の中に浮かぶ幻影のように揺らめく。イングランドの地でも革命を主導した男の敗北は、ユルゲン・クロップの成功と対照的に描かれることとなった。フランスリーグの名門であり、育成にも定評があるリヨンとの対戦とはいっても、圧倒的な資金力で一流の選手をそろえたマンチェスター・シティとの実力差は簡単には埋まらないと思われていた。それでも、フットボールは残酷にその表情を変える。少し時間を経た今だからこそ、シティとリヨンの試合を冷静に分析し直してみよう。……

残り:3,168文字/全文:3,729文字 この記事の続きはプレミア会員
のみお読みいただけます

プレミア会員3つの特典

  • 会員限定のオリジナル
    記事が読み放題!

  • 電子版バックナンバーが
    読み放題!

  • 雑誌最新号を毎月
    ご自宅にお届け

1/31まで

footbalista 特製 2023カレンダー プレゼントキャンペーン実施中

TAG

ジョセップ・グアルディオラマンチェスター・シティリヨン

Profile

結城 康平

1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に記事を寄稿しつつ、サッカー観戦を面白くするためのアイディアを練りながら日々を過ごしている。好きなバンドは、エジンバラ出身のBlue Rose Code。