SPECIAL

リーグ戦7位からのCL4強入り。ユベントス、シティを連破したリヨンのハイパフォーマンス、その秘密

2020.08.27

バイエルンの優勝で幕を閉じた2019-20のUEFAチャンピオンズリーグ。そのドイツの盟主に敗れ決勝進出こそ逃したものの、サプライズを演出したのがフランスのリヨンだった。コロナ禍の影響で打ち切りとなったリーグ戦で7位に沈んだ彼らがラウンド16でユベントス、準々決勝でマンチェスター・シティを連破できた要因とは。フランス在住の小川由紀子さんに解き明かしてもらった。

 CLの決勝戦に進出したパリ・サンジェルマン(PSG)もさることながら、優勝候補の一角だったユベントスとマンチェスター・シティを破ってベスト4入りしたリヨンも大健闘だった。

 フランス国内では、「両者ともバイエルンには負けた。ならばアタランタとRBライプツィヒに勝ったPSGより、ユーべとシティを締め出したリヨンの方がある意味すごい」という声さえ聞こえてくる。

実は猛批判を浴びたガルシア監督招へい

 2019-20のリーグ戦は、新型コロナウイルスによる突然の打ち切り決定で7位と、1996-97シーズン以来最悪の結果に終わった。監督交代や、ウルトラスとの衝突など、ピッチの外でも問題が続いた。

 しかし今になってみれば、それらすべてが、リヨンの選手たちにこの予想外の準決勝進出を実現させる原動力になっていた。……

残り:4,152文字/全文:4,680文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

UEFAチャンピオンズリーグリヨン

Profile

小川 由紀子

1992年より欧州在住。96年から英国でサッカー取材を始め、F1、自転車、バスケなど他競技にも手を染める。99年以来パリに住まうが実は南米贔屓で、リーグ1のラテンアメリカ化を密かに歓迎しつつ、ブラジル音楽とカポエイラのレッスンにまい進中。