SPECIAL

ジャカ→オーバメヤン:非難集中、その背景…問題はクラブの方針にあった

2020.06.25

【チームリーダーの心得】ファンの信頼は絶対

MF34
Granit XHAKA
グラニト・ジャカ

(アーセナル)
1992.9.27(27歳)186cm / 80kg SWITZERLAND

FW14
Pierre Emerick AUBAMEYANG
ピエール・エメリク・オーバメヤン

(アーセナル)
1989.6.18(30歳)187cm/80kg GABON

 昨年10月27日、アーセナルでキャプテンの存在意義を揺るがすような事件が起きた。クリスタルパレスをホームに迎えた試合で、開始10分で2点リードしながら後半に追いつかれると、1カ月後に解任されることをまだ知らないウナイ・エメリ監督は交代カードを切った。60分過ぎ、グラニト・ジャカに代えてブカヨ・サカを投入。すると、エミレーツ・スタジアムが容赦ないブーイングの嵐に包まれた。

 自分の背番号が書かれた交代ボードを確認したジャカは、首を横に振るとゆっくり歩を進め、大ブーイングを一身に浴びた。プライドを傷つけられた男は、両手を挙げたり、手を耳に当てたりして観客を煽った。そして放送禁止用語まで吐き捨ててしまった。1週間後、ジャカの腕章剥奪とピエール・エメリク・オーバメヤンの新キャプテン就任が発表され、事態は収束した。……

残り:2,036文字/全文:2,557文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

>

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

アーセナルグラニト・ジャカピエール・エメリク・オーバメヤン

Profile

田島 大

埼玉県出身。学生時代を英国で過ごし、ロンドン大学(University College London)理学部を卒業。帰国後はスポーツとメディアの架け橋を担うフットメディア社で日頃から欧州サッカーを扱う仕事に従事し、イングランドに関する記事の翻訳・原稿執筆をしている。ちなみに遅咲きの愛犬家。