SPECIAL

リバプールのペップに、スローイン専門家に食事改革、心のケア…各分野の一流が集結するリバプールのテクニカルスタッフ陣

2022.05.28

テクニカルスタッフ。監督と信頼で繋がる、もう一つのチーム:リバプール

年々重要度が増しているテクニカルスタッフ。最先端のトレーニングを、選手たちに正しく実践させ、成長を促し、そして勝利に導く、監督を頂点とした“もう一つのチーム”を各クラブがどのように編成しているのか、その実態に迫る。

※『フットボリスタ第89号』より一部再編集し掲載

 2015年10月にユルゲン・クロップが監督に就任してから6年7カ月。その間リバプールがチームに加えてきたのは、モハメド・サラーやファン・ダイクのような世界最高レベルの選手たちだけではない。各分野で最先端の理論を学び実践してきた実績のある専門家たちを次々とスタッフに加えてきた。2019年にはCL優勝、20年にはプレミアリーグ優勝と結果を出し、今季もリーグカップとFAカップを制しPLでは首位マンチェスター・シティと勝ち点1差の2位、CLでも決勝進出を果たしているのは、選手たちから最高のパフォーマンスを引き出してくれるエキスパートたちがいるからこそだ。

 2人のアシスタントコーチのうち、マインツ時代の2001年から20年以上クロップの「相棒」としてビデオ分析官を務めているペーター・クラビーツは、対戦相手が得意なプレーや弱点を洗い出す。とりわけセットプレー時の相手の守り方に隙を見つける観察眼の鋭さには定評がある。プレミアを制した2019-20シーズン、リバプールはCKからリーグトップの11ゴールを決めているが、その背景には“クロップの眼”と呼ばれる分析官の仕事があった。……

残り:2,003文字/全文:2,662文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

テクニカルスタッフリバプール

Profile

田丸 由美子

ライター、フォトグラファー、大学講師、リバプール・サポーターズクラブ日本支部代表。年に2、3回のペースでヨーロッパを訪れ、リバプールの試合を中心に観戦するかたわら現地のファンを取材。イングランドのファンカルチャーやファンアクティビストたちの活動を紹介する記事を執筆中。ライフワークとして、ヨーロッパのフットボールスタジアムの写真を撮り続けている。スタジアムでウェディングフォトの撮影をしたことも。