SPECIAL

曺貴裁監督と出会って突き付けられたこと。自己評価と周囲からの評価で揺れる19歳、川﨑颯太の本音

2021.07.13

川﨑颯太(京都サンガF.C.)インタビュー後編

曺貴裁監督を新指揮官に招聘し、J2リーグの前半戦を2位と昇格圏内で折り返した京都サンガF.C.。選手個々がのびのびと躍動しているチームの中で、プロ2年目の若武者が圧倒的な存在感を放っている。

川﨑颯太。19歳。小学生時代と中学生時代をヴァンフォーレ甲府のアカデミーで過ごしながら、高校進学と同時に単身で京都サンガF.C.U-18へ飛びこみ、トップチーム昇格を勝ち獲るなど、若くして独自のキャリアを歩んできている。今回はここまで辿ってきたキャリアや、今シーズンの活躍についてインタビュー。

後編では曺貴裁監督と出会い、様々な刺激を受けながら、主力として活躍している今シーズンの想いを中心にご紹介する。

←前編へ

曺貴裁監督との出会い 

――ここからは今シーズンのことをお伺いします。あえてざっくりとした質問ですが、今シーズンのここまではいかがですか?

 「自分の中でも本当に一言では言い表せなくて。最初は曺さん(曺貴裁監督)に『オマエは勝負の責任を負う顔をしていない』と言われて、それからちょっと自分の中でも『変われたな』とは思っています。去年に比べたら負けた時は悔しいですし、自分の1つのプレーに凄く重みも感じますし、それこそ勝ったら去年より全然嬉しくて、『本当に充実していて、いいなあ』と感じていました。

 でも、5連勝した時あたりに、満足したわけではないですけど、『オレも良いプレーができているし、試合にも出られているし、勝っているし、良い調子だなあ』と。実際にその時はプレーも良かったと思いますが、その後から少し走行距離が減っていきましたし、自分の中での手応えもだんだんなくなってきて。(第15節の)新潟戦も点は取りましたけど、『前ならもっと潰せる時は潰せたのにな』って。どっちかと言ったら、同じビッグスワンでも去年のデビュー戦の方が相手を潰せていましたし、自分の持ち味が出ていたんじゃないかなと。

川﨑選手がプロ初ゴールを挙げた2021シーズンJ2第15節、アルビレックス新潟戦のハイライト動画

 あとは、今年は自分で『今日はあまり良くなかったな』と思っていたら、周りからは結構褒められたり、自分が『今日は良いプレーができたな』と思っていたら、そういう時に限って曺さんに指導を受けたりとか、自分を見失うわけじゃないですけど、自己採点と周囲の評価が噛み合わないというか、『良かったのかな?悪かったのかな?』と迷うこともあって、難しい時期もありましたね」

――自己採点と周囲の評価が嚙み合わないことに関しては、いろいろ考えるんですか?それとも、それはそういうものだなと思っているんですか?……

残り:6,115文字/全文:7,231文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年9月号 Issue086

[特集]「カルチョ新時代のはじまり」EURO2020優勝記念!復活のアズーリ、変革期のイタリアサッカーを大特集! ■イタリア代表、モダンサッカー改革の全貌 ■セリエA、監督大移動の21-22シーズン展望

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

京都サンガ川﨑颯太文化曺貴裁

Profile

土屋 雅史

1979年8月18日生まれ。群馬県出身。群馬県立高崎高校3年時には全国総体でベスト8に入り、大会優秀選手に選出。2003年に株式会社ジェイ・スカイ・スポーツ(現ジェイ・スポーツ)へ入社。学生時代からヘビーな視聴者だった「Foot!」ではAD、ディレクター、プロデューサーとすべてを経験。2021年からフリーとなり、現在はゲキサカを中心に活動中。昔は現場、TV中継含めて年間1000試合ぐらい見ていたこともありました。サッカー大好き!