SPECIAL

選手の変化をうまくチームに組み込んだ、2021版横浜F・マリノスの機能性

2021.05.30

川崎フロンターレが独走状態を築いている今季のJ1。連覇に向け邁進する王者にストップをかけるチームとして期待されるのが、一昨季のチャンピオンである横浜F・マリノスだ。今季のチームの機能性を分析する。

 今季のJ1リーグの命題は、川崎フロンターレを止めるのはどのチームになるかだ。最初の刺客は名古屋グランパス。神のいたずらか、2連戦となった両者の対決は川崎フロンターレの完全勝利で終わった。むろん、サガン鳥栖も諦めていないだろうし、相馬直樹監督になって調子を上げてきている鹿島アントラーズや、リカルド・ロドリゲスに率いられた浦和レッズもリベンジのチャンスを虎視眈々と狙っているだろう。

 そんな中、消化試合数が4試合も少ないにもかかわらず、上位に位置しているチームがある。横浜F・マリノスだ。開幕戦で川崎フロンターレに蹂躙されたものの、その後は結果を出し続け上位に上り詰めてきた。開幕戦で見せた謎な配置は封印され、平たく言えば、横浜F・マリノスらしいサッカーに回帰したことで結果を残してきている。今回はそんな横浜F・マリノスについて見ていきたい。

前線の選手の変更に伴う修正

……

残り:3,558文字/全文:4,046文字
この記事はプレミア会員のみお読みいただけます

10日間無料キャンペーンで続きを読む

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年7月号 Issue085

「ペップ・シティ包囲網」でさらに発展? 現代サッカーの「守備」を考える。[特集Ⅰ]“対ポジショナルプレー”をめぐる進化。「守備戦術」で見る20-21最新トレンド。[特集Ⅱ]欧州スーパーリーグ構想 5つの論点

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

戦術横浜F・マリノス

Profile

らいかーると

昭和生まれ平成育ち。サッカー指導者にもかかわらず、様々な媒体で記事を寄稿するようになってしまった。ただ、書くことは非常に勉強になるので、他の指導者も参加してくれないかなと心のどこかで願っている。好きなバンドは、マンチェスター出身のNew Order。 著書に『アナリシス・アイ サッカーの面白い戦術分析の方法、教えます』