SPECIAL

ナーゲルスマンの指導哲学。33歳が確立する「27のプレー原則」

2021.04.30

来季のバイエルン指揮官就任が決定したユリアン・ナーゲルスマン。ブンデスリーガ史上最年少の28歳でホッフェンハイム監督に就任し、現在指揮を執るRBライプツィヒでは33歳にしてチームをCLベスト4(昨季)へ導く手腕を発揮。名将への歩みを着実に進める若き戦術家は、どのような指導哲学を志しているのか。その発言から読み解いていこう。

※『フットボリスタ第83号』より転載。

 現在33歳という若さにもかかわらず、ユリアン・ナーゲルスマンの頭の中にはすでに明確なサッカー哲学が存在する。その秘密を知ろうと、ドイツだけでなく欧州中のメディアが質問を投げかけるが、ナーゲルスマンはすべてのカードを見せてはくれない。対戦する監督や選手の会見での発言さえも試合分析の材料として利用している彼は、メディアを通してライバルに多くの情報を与えるようなことはしない。

 それでもホッフェンハイム時代から現在に至るまで、ナーゲルスマンは自身の哲学や原則について、いくつかの興味深い発言を残してきた。その1つが、彼のサッカーには「27のプレー原則」があるということ。全貌はいまだに明かされてはいないが、これまで語られてきた発言を整理し、その哲学の秘密に近づいていきたい。

ナーゲルスマンとレッドブルのDNA

……

残り:4,712文字/全文:5,252文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年9月号 Issue086

[特集]「カルチョ新時代のはじまり」EURO2020優勝記念!復活のアズーリ、変革期のイタリアサッカーを大特集! ■イタリア代表、モダンサッカー改革の全貌 ■セリエA、監督大移動の21-22シーズン展望

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ユリアン・ナーゲルスマン戦術

Profile

cologne_note

ドイツ在住。日本の大学を卒業後に渡独。ケルン体育大学でスポーツ科学を学び、大学院ではゲーム分析を専攻。ケルン市内のクラブでこれまでU-10 からU-14 の年代を指導者として担当。ドイツサッカー連盟指導者B 級ライセンス保有。Twitter アカウント:@cologne_note