SPECIAL

金銭面、スケジュール、練習内容……グラスルーツの「無理をしない」育成環境

2021.03.06

ドイツサッカー連盟(DFB)による育成改革の動きが本格化する一方で、変わらないものもある。数多のタレントを世に送り出してきたドイツのグラスルーツでは、いったいどのような環境で育成が行われているのか。指導者として20年以上にわたり現地で育成に携わってきた中野吉之伴氏に、その実情を解説してもらう。

※『フットボリスタ第82号』より掲載。

 ドイツのグラスルーツは無理をしない。

 それですべてを説明できるわけではないが、今も昔もこれからも、そこが一番大事なところだと思われる。

 大前提としてドイツの町・村クラブの指導者の大多数はボランティアで指導者やスタッフとして関わっているので、みんな他に仕事がある。自分たちの生活を送るだけで手いっぱいでも不思議ではない中、夕方の練習と週末の試合に時間を作っているわけだ。

会費は1人5000円前後

……

残り:3,420文字/全文:3,791文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

電子版雑誌が読み放題

会員限定記事が読める

「footballista」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11、12月開催のW杯を控えた異例のシーズン。カタールをめぐる戦いの始まり【特集】ワールドカップイヤーの60人の要注意人物 【特集Ⅱ】ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ドイツ育成

Profile

中野 吉之伴

1977年生まれ。滞独19年。09年7月にドイツサッカー連盟公認A級ライセンスを取得(UEFA-Aレベル)後、SCフライブルクU-15チームで研修を受ける。現在は元ブンデスリーガクラブのフライブルガーFCでU-13監督を務める。15年より帰国時に全国各地でサッカー講習会を開催し、グラスルーツに寄り添った活動を行っている。 17年10月よりWEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)の配信をスタート。