SPECIAL

リバプールとエバートンの「頭脳」。マージーサイドの若き副官2人の共通点

2020.11.08

 ユルゲン・クロップが記者会見の場で「戦術」を詳細に語ることは滅多にない。対戦相手にわざわざ手の内を明かすつもりはないからだろうが、彼の代わりにリーグカップの試合前日などの年に2、3回、アシスタントコーチのペップ・ラインダースが記者会見の席に着くと、その秘密を垣間見ることができる。クロップの「右腕」であるオランダ人コーチは、リバプールの「プレー原則」や「戦術パターン」を実に楽しそうに話してくれるのだ。それもそのはず、クロップが頭に描くフットボールを形にするための戦略を考案し、それらを選手たちにピッチ上で遂行させるためのトレーニングメニューを作成するのは、「我われのアイデンティティはインテンシティだ!」と熱っぽく語る37歳の若き副官の仕事だからだ。

「アシスタントコーチ以上」の存在に

……

残り:3,587文字/全文:3,937文字
この記事は会員のみお読みいただけます

会員登録はこちら

プレミア会員 3つの特典

雑誌最新号が届く

会員限定記事が読める

会員限定動画が観られる

「footballista」最新号

フットボリスタ 2021年9月号 Issue086

[特集]「カルチョ新時代のはじまり」EURO2020優勝記念!復活のアズーリ、変革期のイタリアサッカーを大特集! ■イタリア代表、モダンサッカー改革の全貌 ■セリエA、監督大移動の21-22シーズン展望

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

ダビデ・アンチェロッティペップ・ラインダース

Profile

田丸 由美子

ライター、フォトグラファー、大学講師、リバプール・サポーターズクラブ日本支部代表。年に2、3回のペースでヨーロッパを訪れ、リバプールの試合を中心に観戦するかたわら現地のファンを取材。イングランドのファンカルチャーやファンアクティビストたちの活動を紹介する記事を執筆中。ライフワークとして、ヨーロッパのフットボールスタジアムの写真を撮り続けている。スタジアムでウェディングフォトの撮影をしたことも。