NEWS

ロドリゴ、セレソンのフル代表公式戦デビューで好印象を残す

2020.10.16

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、3月下旬から延期されていた2022年ワールドカップ南米予選が開幕した。ブラジルは10月9日、ホームでのボリビア戦(於サンパウロ)に5-0、13日、アウェーでのペルー戦(於リマ)に4-2と連勝。全10チーム中トップに立った。

19歳で大抜擢

 ブラジル代表のチッチ監督は、昨年7月にコパ・アメリカで優勝した後、親善試合を生かして若い選手たちを少しずつ、新たに招集してきた。そして今回は、招集メンバー23人中7人が東京五輪世代。公式戦をスタートするにあたって、本格的な世代交代を感じさせたことが話題の1つとなった。

左からファビーニョ、マテウス・クーニャ、ブルーノ・ギマラエンス、フィリペ、ロドリゴ。
クーニャ、ギマランエス、ロドリゴは東京五輪世代だ (Photo: Lucas Figueiredo/CBF)

 最年少は、レアル・マドリーでプレーする19歳のロドリゴ。これまでU−17、20、23の代表にも招集されてきたが、所属していたサントスが招集辞退を申し入れたケースが多く、年代別代表の常連というわけではなかった。

 昨年6月にRマドリーに移籍してからは、10月にブラジルで開催されたU−22代表の親善試合日本戦に18歳で招集され、後半から途中出場。2-3で敗れた後は「日本のこの世代は強くて、東京五輪の金メダル候補の1つだと思う。でも、勝利以上に学ぶことの多い敗戦というのがある。僕らも今日の敗戦を今後に生かしていくつもりだ。」と答えた後、カメラに向かって頷いてみせるほど落ち着いていた。

昨年10月にはU-22日本代表との親善試合に出場。試合後には日本を高く評価した (Photo: Kiyomi Fujiwara)

 フル代表にはその翌11月、親善試合アルゼンチン戦と韓国戦に初招集され、2試合で後半途中に出場している。その後の南米予選招集なのだから、大抜擢というわけだ。

 チッチ監督は「ボールを受けるためのスペースを作れる。左右どちらのサイドでもプレーできるユーティリティー性があり、現代的な選手。1対1にも強い」と招集の理由を説明していた。

ボリビア戦で得点に貢献

 セレソンに合流し、ロドリゴはRマドリー移籍後の自分の成長について聞かれて次のように語った。サントスでは主に左サイドでプレーしていたため、現在のような右サイドでのプレーへの適応についての質問だった。

 「ジダン監督の考えによるものなんだ。両サイドでプレーすることを学べば、より多くのチャンスを得られると僕も思った。そして、それが僕にとって重要なことになりつつある。まだ適応の最中ではあるけど、クラブだけじゃなく、セレソンでも僕に選択肢を与えてくれるんだ」

 「僕は年上の人が言うことをしっかりと聞くタイプだ。この1年と少し、いつでも心をオープンにすることによって、人生のあらゆる意味で成熟できたと思う。そして、多くの人が僕を手助けしてくれることをとても幸せに思う」

 そして、今回の南米予選2試合。ロドリゴはボリビア戦の58分、3-0の時点で、エベルトン(ベンフィカ)との交代で出場を果たした。R・マドリーでの起用と同様、右サイドで30分間プレーし、多くのパスを成功させるなど、落ち着いたプレーを披露した。

 注目は65分。ドリブルから、フィリペ・コウチーニョとのワンツーでゴール前に抜け出し、クロスにヘッドで合わせた。そのボールがボリビアCBのカラスコに当たってゴールへ。相手のOGではあったが、その瞬間はロドリゴの得点とみなされ、彼自身、ガッツポーズを取った。

 その場面のことを、自身のインスタグラムで、ユーモアを交えて「神様、あれが僕のゴールじゃなかったとしても、アシストだったとは言えるよね!」と振り返ったほどだ。

“ロドリゴ”になるために

 ちなみに、このボリビア戦では、少年時代からのアイドルと一緒にプレーすることも実現した。そのアイドルとはネイマールだ。

 サントス出身選手の宿命のように、彼はいつも“新生ネイマール”と呼ばれ、比較をされてきた。ネイマールもそれを聞かれることが多く「僕も“新生ロビーニョ”と呼ばれてきたから、ロドリゴの気持ちはよく分かる。お手本となる選手がいるのはとても良い事だと思う。でも、誰かと比較される必要はない。“新生ネイマール”じゃなく、“ロドリゴ”と呼ばれる存在になればいいんだ」と、愛情を込めて語っている。

何かと比較されるネイマール(右端)との共演も実現した(Photo: Lucas Figueiredo/CBF)

 そしてロドリゴ自身、今まで何度となく聞かれたであろうその質問に、凜とした表情でこう答えた。

 「サントスでのキャリアのスタートから、僕はずっとネイマールやロビーニョと比較されてきた。僕はいつでもその重みを取り除きながらやってきたんだ。いつでも『“ロドリゴ”になりたい、僕の歴史を築きたい』とね。彼らがそうしてきたように」

 「僕はまだキャリアをスタートさせたばかり。“ネイマール”は彼しかいない。彼は唯一無二の存在なんだ。そして、僕は唯一無二の“ロドリゴ”になるために頑張るよ」

 南米予選は全18節。ロドリゴの成長の行方はもちろん、彼を含む世代交代や、若手同士の招集枠争いも、これから国中を盛り上げる話題の1つになるに違いない。


Photos: Kiyomi Fujiwara, Lucas Figueiredo/CBF

プレミア会員になってもっとfootballistaを楽しもう!

プレミア会員 3つの特典

有料記事が読める

動画が観られる

雑誌最新号が届く

「footballista」最新号

フットボリスタ 2020年11月号 Issue081

高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。 特集➀FFPを理解するためのサッカーファイナンス入門。 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち

10日間無料キャンペーン実施中

TAG

サントスジダンチッチネイマールレアル・マドリーロドリゴロビーニョ

Profile

藤原 清美

2001年、リオデジャネイロに拠点を移し、スポーツやドキュメンタリー、紀行などの分野で取材活動。特にサッカーではブラジル代表チームや選手の取材で世界中を飛び回り、日本とブラジル両国のTV・執筆等で成果を発表している。W杯6大会取材。著書に『セレソン 人生の勝者たち 「最強集団」から学ぶ15の言葉』(ソル・メディア)『感動!ブラジルサッカー』(講談社現代新書)。YouTube『Planeta Kiyomi』も運営中。