NEWS

『WCCF FOOTISTA 2019』開幕日決定!事前登録キャンペーン開催中!

2019.02.19

WCCFを超えた「WCCF」誕生! 戦術的駆け引きが大きく進化

2002年に産声を上げ、15年以上にわたり多くのプレイヤーに支持されてきた『WCCF WORLD CLUB Champion Football』(WCCF)。アーケードトレーディングカードゲームの先駆者としてサッカーファン、ゲームファンを魅了するとともに、サッカーからゲームへ、ゲームからサッカーへと双方を結ぶ架け橋になってきた。

そんなWCCFが2019年、『WCCF FOOTISTA』(フッティスタ)へと生まれ変わる。さらに10年続くサッカー文化へと進化するために――多数の新機軸を搭載しモデルチェンジした、新時代のWCCFがそこにある。

大注目の稼働開始日は2019年3月14日に決定! 今から開幕が待ち切れない『FOOTISTA』の魅力と、キックオフに向けて開催中のカウントダウンキャンペーンについてお伝えする。

FOOTISTAとは

 世界各国の選手写真をプリントしたトレーディングカードを用いて遊ぶサッカーゲームで、筐体のフラットリーダー上に選手カードを並べ、最大16人のデッキを作りプレイする。15年以上も愛されてきた『WCCF』一番の魅力は、『FOOTISTA』へも引き継がれた形だ。

『WCCF』と同様に『FOOTISTA』もピッチに見立てたフラットリーダーに選手カードを配置してプレイする

 それでは、『FOOTISTA』のおおまかなゲームの流れを紹介しよう。

監督就任
 プレイヤーが新設されたクラブチームの監督に就任するところからゲームがスタート。数々の試練にぶつかりながら、上位リーグへの昇格を目指す。

スカウト
 ゲーム中にコインを追加投入することで、選手をスカウトすることができる。スカウトした選手は、試合終了後に選手カードとして排出される。

試合
 1試合で使用するカードは先発11枚+ベンチ5枚の最大16枚。プレイヤーは監督として攻守の戦略・戦術を設定したり、戦況に応じて選手カードの配置を調整したりすることでチーム勝利に導いていく。選手カードを動かすだけで瞬時に布陣の調整が行えるのは、リアルカードを用いフラットリーダー上で采配を振ることができる『WCCF』シリーズならではの魅力だ。

育成
 『FOOTISTA』最大の革新の一つだ。試合結果に応じて選手が成長し、成長することによってカードのレアリティがアップ。そして、レアリティがアップした選手は能力やデザインが変化した新カードとして新たに印刷することが可能となる。文字通り“カードが進化する”のだ。レアリティが異なる同一選手のカードが複数存在していた従来の『WCCF』とは違い、カードをその場で印刷し排出する「高品質オンデマンド印刷」によって実現した、新しい楽しさと利便性を体験してもらいたい。

プレイ用筐体とは別に新たに設置される「ターミナル」。強力な選手カードのスカウトやチーム設定の変更、ランキング確認など様々なチームの“指揮”をここで行う

とっつきやすさと駆け引きを両立する「見える化」

 基本的な流れを押さえたところで、『FOOTISTA』となり大幅にパワーアップした試合面を見ていこう。

 最も大きな改革と言えるのが、采配の「見える化」だ。

 これまで『WCCF』ではあえて明らかにされていなかった、プレイヤーが行ったアクションの効果などの情報が、ゲーム画面上に表示されるようになる。これによって自分の采配が適切だったかどうか、どこを改善すればいいかがより明確に。

 特に、今まで『WCCF』シリーズをプレイしたことがなかった方や少しプレイしてみたものの諦めてしまった方にとっては、ゲームの仕組みをより簡単に理解し上達できるように、つまりより“とっつきやすく”なったのだ。

 一方で、「初心者にやさしくなった」と聞くと「プレイの歯ごたえがなくなったのではないか」と予想する人がいるかもしれない。だが、そんなことは決してない。情報が見えるということは、それを生かしたより高度な駆け引きが要求されるということである。

 さらに、戦略性を高めるために導入された新システム、それが「ホットライン」「マンマーク」「ブレイク」だ。

「ホットライン」
 攻撃時の新要素。攻めの中心となってほしい選手を最大3人まで、プレイヤー自らが指定できる。これにより、従来の『WCCF』以上に自チームのストロングポイントを押し出したり、あるいは相手チームの弱点を突いたりといったプレイの選択が可能になった。また、「ホットライン重視指示」ボタンを活用することで、自らプレイに関与する度合いを変えることもできる。

「ホットライン」発動時の画面。指定された選手がラインで結ばれ、発動を知ることができる

「マンマーク」/「ブレイク」
 ホットラインと対をなす守備時の新要素。「マンマーク」設定した選手が、ホットラインを形成する選手からボールを奪取することで「ブレイク」が発動。ブレイクしたホットラインは消滅し、向上していた能力が元に戻るだけでなく、攻撃側が指定していたホットラインを暴くことができる。

ホットラインを寸断する「マンマーク」と「ブレイク」

 もう一つ、大きな変更点として、『FOOTISTA』では『WCCF』に比べ試合時間が長くなった。情報の見える化と新システムの導入でより深まった相手プレイヤーとの駆け引きを、思う存分楽しんでほしい。

3つのゲームモードで自分らしく楽しめる

 『FOOTISTA』には3つの対戦モードが登場。より競技性の高いものからカードのコレクション、仲間内でのプレイなどプレイヤーそれぞれの目標に合った遊び方ができる。

「リーグ戦」
 全国監督ランキングの頂点を目指すプレイヤー対戦。5つのリーグ×4つのディビジョンで構成されており、より上位のディビジョンを目指してリーグ戦を勝ち抜いていく。試合消化ととも展開されるストーリーにも注目だ。

「カップ戦」
 ここでしか手に入らない選手カードの収集や選手の育成に主軸を置いたCPU対戦。カードコレクションやチームの補強・強化ができる。「対人戦は苦手だけど達成感を味わいたい」「カードをコンプリートしたい」「チームを強化したい」など、様々なプレイスタイルにマッチする。

「フレンドリーマッチ」
 全国のフレンドとのネットワーク対戦が実装される予定となっている。

国内外の32クラブが参戦!

 ファンにとって気になる、カードのラインナップを見ていこう。『FOOTISTA』には欧州5大リーグから14クラブ、J1リーグ(2018シーズン)から全18クラブが登場。欧州トップレベルの選手たちと、親しみのある地元クラブの選手たちとの夢の競演も実現できる。

登場クラブ(欧州リーグ)

●プレミアリーグ
アーセナルFC/リバプールFC/マンチェスター・シティーFC

●リーグアン
パリ・サンジェルマンFC

●ブンデスリーガ
ボルシア・ドルトムント/FCバイエルン・ミュンヘン

●セリエA
ASローマ/ユベントス/SSCナポリ/SSラツィオ

●リーガエスパニョーラ
クラブ・アトレティコ・マドリー/FCバルセロナ/レアル・マドリーCF/バレンシアCF

 さらに、これまで『WCCF』を愛してきたプレイヤーたちへ朗報だ。『WCCF 2017-2018』に関しては、『FOOTISTA』稼働開始時から全カードが使用可能となる。それ以前のバージョンについても、一部カードが使用できるように順次開発が進んでいるという。今昔の名手たちを組み合わせた自分だけの“ドリームチーム”作りも楽しんでほしい。

【製品概要】

製品名
WCCF FOOTISTA 2019(ダブリューシーシーエフ フッティスタ ニセンジューキュー)
ジャンル
スポーツカードゲーム
プレイ人数
1~2人(全国通信対戦)
特徴
実名サッカー選手のトレーディングカードでプレイするサッカーゲーム
権利表記
©SEGA
© Panini S.p.A. All Rights Reserved.

The game is made by Sega in association with Panini.

TAG

FOOTISTAWCCF

Profile

フットボリスタ 編集部